ケ・サラ・サラ

生活の記録

ハンバーグと春の服

向いてない…という思いを胸に抱えながらなんとかリモートワークをやっている、もうしばらく続くらしい。通勤というか、職場に向かうというアクションが必要だ。家が広ければ良かったんだけど。荷物を持って一旦外に出てそこら辺をひと回りして戻ってこようかな。いろいろ考えさせられる毎日だ。

 

ジムで毎日走っている。在宅中なので早めに混み合う時間の前に到着するように行く。トレッドミルは一台置きに使用可能になっていて、サウナ、ヨガ、採暖室は使用不可となっていた。さみしいけど今は仕方ない。ジムが再開しただけでもありがたい。

 

夫がごはんがいらない日で、その夫から何やら美味しそうなものを食べるというLINEがきて、よっしゃ私もという気持ちを滾らせていた。息子は家で食べるからと出かけていった。ほんとに食べるんだろうね、ごはんを。家で。息子を誘って私も外で美味しいものを食べるか…と考えるも何時になるかわからない息子と待ち合わせるのが面倒だ。向かったデパ地下が肉の日で、おお〜サジェストされている!とセールになっている和牛の挽肉を500g買った。家に帰り、息子に念押しして特大のハンバーグを作って丸める。さつまいものクリームシチューも作った。美味しくできた。

息子が帰ってきて相席食堂を観ながらげらげら笑いながら夕飯を食べた。

 

部屋を片付けて、秋冬で一度も手を通さなかった洋服を処分した。ミニマリストの方のブログを読んで気持ちを整える。それから春の服を確認した。ノースリーブのワンピースとカーディガンと薄手のコートでなんとかなりそう。それからずっと着てる小さな花の柄のワンピースと、季節を問わないひらひらした生地のスカートたち。レギンスを買いに行こう。靴下も必要だ。良品週間が始まることが買い物を後押しする。あとUのワンピースがもう一枚あってもいいかも。Uのワンピースさらっとしている少し厚手のしっかりした生地で、いわゆる肉感を拾わないというあれだ。すごく気に入ってしまった。今持ってる濃い色を仕事用に、オフホワイトを普段着に追加したい。ミニマリストには到底なれそうにない。

 

f:id:ushiko_imasarado:20200321000840j:image

大きなハンバーグ。6個作って息子が3個食べた。