ケ・サラ・サラ

生活の記録

ジム愛をわかち合う

北欧暮らしの道具店のポッドキャストを聴きながら気分良く駅に向かって自転車を漕いでいた。ふと目の前に息子がいる。え?どしたの? 向こう側を歩いてたらママがいたから追っかけてきたんだよ!声をかけたけど気がつかなかったから、とにこにこしている。私が気づかなかったから追いかけて横断歩道を渡って…? じゃあね、仕事頑張ってね!と息子は家へ、私は駅へ向かった。面白い1日の始まりだった(かわいい)。

 

月曜日感を打ち消しながら仕事。あっという間に夕方になる。ジムのスタートが早い日なのでほぼ定時退社。月曜日から長々仕事なんかしたくないし…あ、水曜日か…みたいに結局1日月曜日を生きた。

ジムのスタジオ前には顔見知りの若いご夫婦が既に並んでいた。早いですねと声をかけると、男性が、もう水曜日は昼からそわそわしちゃって、ジムのこと考えてずっと…と笑っていた。奥様も、この人めっちゃジムにハマって…水曜日のボディアタックとボディバランスがいちばんの楽しみらしくて…、もうね電車が遅延とかなるとピリピリしちゃって…と男性の意気込みがすごい。思わずありがとうと言ってしまった。不思議そうな顔をする2人に、そんなに?みたいによく言われるし、楽しみがわかち合えてありがたいなーと思って、と話した。みんなでジム楽しいよねーとひとしきり盛り上がり、その気持ちのままにボディアタックに突入した。

ボディアタック、めちゃくちゃきついけど、飽きないキツさというか、良い感じに曲と有酸素・筋トレの組み合わせが変化して、強度が高いので私も今いちばんアタックが楽しみ。グループファイトがもう少し盛り上がったらなーもっと楽しくなるのにな。キツさではブートキャンプが容赦なくて、レッスン前に少し憂鬱になるほどだ。初めて参加して驚いている方をよく見かける。わかります!という気持ちだ。それでもだんだんと人数が増えて盛り上がってきてうれしい。全身全霊のレッスンにハマる女性続出という感じ。最近はこの3つのスタジオレッスンを、アタック週3、ファイト週3〜4、ブートキャンプ週1で続けている。あとはトレッドミルとプールを組み込んでいる。あとはどこかでヨガの時間が合えばベストなんだけど。

 

アタックの後30分くらい走って、シャワー、それからグループファイトを頑張った。10時半くらいに帰宅した。夫が買ってきてくれていたロースカツとから揚げを皿に盛り、時間…と思うもトマトとブロッコリーを付け足してもりもり食べた。激しい運動のせいか、重い晩ごはんのせいか、なかなか寝付けなかった。真夜中に息子が帰ってきて、小さい声でただいま〜とささやいていた。