ケ・サラ・サラ

生活の記録

冷たい雨の長い1日

冷え冷えの雨の中、病院へ向かう。月に一度の貧血の定期検査だ。前回は12月の末だった。診察が終わり次の予約を入れたときは、1月末か…しばらくあるな…と感じたんだけどな。あの時からほんの何日しか経ってない気がする。貧血はだいぶん良くなって次の検査でもう少し数値が上がれば薬を一旦止めることになった。やった。もともと貧血体質なので気をつけながらやっていこう。運動とか栄養とか栄養とか。

 

病院が終わり、次は免許の更新だ。雨の日なのにアグレッシブ。雨を想定せずに予定を立てただけだけど。地域の警察署に向かう。まずは警察署の隣にある地元の写真館の支店で免許証用の写真を撮ってもらう。この写真館はとても有名で、本店はテレビや雑誌にも何度も登場している。スタッフの男性が免許証用の証明写真もとても丁寧に撮ってくれた。「はいいーですねー少し笑ってそう!そんな感じ!あーとても良い感じです!」と言いながら何度もシャッターを切って、撮り終わると全てを一緒に見ながら1枚を選び、少し表情がかたいのでともう一度撮り直してくれた。同じように全部の中から一番写りが良いものをこれが良いですね良い表情などとおっしゃって!選んでくれるのだ。きめ細やかすぎだろ!他所で撮った写真とは全然仕上がりが違う。それなのにとてもリーズナブル。撮る機会はあまりないけど証明写真はここと決めている。免許証の写真を良い感じに撮ってもらえて嬉しい。たくさんありがとうを言った。免許の更新は決められたルーティンでさっと終わり、最後に30分の講習を受ける。最初に観る講習用の映像が怖すぎた。実際に起きた事故のドライブレコーダーの映像だった。運転手の目線でとにかく歩行者や自転車、バイクとぶつかる映像を何度も繰り返し見せられて気持ちが沈んだ。あまりに何度も人が跳ね飛ばされるので、窓の外の車の通行が奇跡みたいに思えてきた。見終わって講習の係の方のもはや民謡のように節の回る説明を無で受け止める。消耗し、パンチされた免許証を受け取って帰宅した。

家には息子がいた。眠そうでだるそうでぼんやりしている。バイトに行く前に軽く何か食べたいというので作り始めたら重めのワンプレートが出来上がった。お風呂に入って若干のカロリーを消費後に食べていた。

 

息子を送り出し、軽く掃除をして鍋の準備もした。夕方からは横浜へ。今日は恒例の癒しのアンチエイジングサロンの日だ。雨はまだまだ降っていて午前中より風が強くなっているけど、楽しみに向かっているときはあまり気にならない。駅前の肉屋さんでしゃぶしゃぶ用の肉を10シート買った。帰る頃には閉店しているので行く前に買うしかない。思いのほかずっしり重い肉を抱えて電車に乗った。少し早めに着いてルミネをひとまわり、本屋で料理や片づけの本をチェックする。

 

サロンでは全身をいろんなやり方で整えてもらった。肩、肩甲骨、首、デコルテの凝りと目の疲れ、頭の重さ、全体的にカチッと固まっているところが緩まった。甘いフルーツティーを飲んでまた来月〜とご挨拶。緊張の横浜駅へ向かう。横浜駅は都心のターミナル駅の中でも1、2を争う要経験値の駅だ。駅の中を渋谷のスクランブル交差点よりも複雑な動線で人々が縦横無尽に行き来している。すり抜けるように広い構内を歩き、東横線の超高速エスカレーターに乗る。肉も抱えていて帰宅のハードルが高い。

 

やっと帰宅して脱力。いろいろ面倒で鍋をコンロにかけたまましゃぶしゃぶを食べた。片付けが楽でいいなしめしめ…などと考えていたら、はらぺこの息子が帰ってきた。粛々とテーブルに鍋をセットした。