ケ・サラ・サラ

生活の記録

ピロリが消えた夜

晴れてキレイな体になった。寒空の下電車を乗り継いで、秋に人間ドックを受けたクリニックに行ってきた。雨が雪に変わりあまりの寒さに心が挫け、キャンセルしようかな…と10秒に1度考える。迷いに迷いながらそれでも進んでいたら到着した。5分ほど待って診察室に通され、検査結果を神妙に聞く。結果は白。「除菌は成功しました」短く説明を受け数分で待合室に戻り会計をした。あっという間だった。私の中のピロリ菌はもういない。胃カメラも異常なし、貧血はそろりそろりと数値が上がってきていて、気がかりなことはなくなった。うれしい限りだ。心置きなく健康を邁進しよう。

 

家に帰りジムの支度。雪がチラついていて気温もどんどん下がっている。ジムには行く気満々だ。歩いて行こう!と持ち上げた荷物があまりに重く、秒で自転車の鍵を手にした。着膨れした上に雨がっぱをかぶりマフラーで顔をぐるぐる巻きにする。外に出るとめちゃくちゃに寒く風が冷たい。帰る頃にはやんでるといいな。ジムは混んでいた。こんなに寒いのに。いつも通りに激しく力の限り動いた。縮こまってた身体をのびのび動かして気分が良い。今日も6時間ほどジムで過ごした。気が済んだ。

 

晩ごはんは焼きそば。ホットプレートに肉、焼きそば麺、キャベツ、もやし、小さく切った餅を入れて蓋をして蒸し焼きにする。キャベツがしんなり柔らかくなったらウスターソース、焼きそばソース、白だしを回しかけて混ぜ合わせる。時々出現する餅の食感が面白い。

もりもり食べながらBリーグのオールスターゲームを観る。応援しているサンダースのニック、大塚選手、熊谷選手、藤井選手、テラハの田渡凌くん、富山の宇都選手、セバスチャン・サイズ選手、レジェンド折茂さんと冨樫選手のマッチアップ…わいわい大騒ぎして楽しんだ。スポーツ観戦と焼きそばの相性は最高だ。テレビだけど。

 

ピロリはいなくなり、思う存分運動して、家は暖かく、美味しい焼きそばを食べて、Bリーグのオールスターは見応えがあり、いい夜だなーのんびりしよーっとアイスを食べ始めたら息子が帰ってきた。焼きそばをもう一度作った。