ケ・サラ・サラ

生活の記録

好きと楽しみの記録

6時間もジムで過ごしてしまった。さすがに自分でもどうかと思う。ジムが好き過ぎる。ジムに住めればいいのに。6時間ぶっ通しで動いてたわけではないけど、帰る時はもう体に力が入らないような何なら声も出ないような感じだった。やり切った感に満たされてヘロヘロだけど心地よい気分になる。晩ごはんはしゃぶしゃぶにした。肉が旨い。身体の声に耳を傾けたら確実に(肉です、タンパク質が不足しています)と聞こえてくるに違いない。それくらい豚肉をもりもり食べた。疲労回復食だ。ポン酢ではなくゴマだれにしたら永遠に食べてしまいそうだった。

今半のゴマだれはおいしい。私はスーパーで買える老舗や名店の名前がついた商品が好きだ。叙々苑の焼肉のタレやドレッシング、ごま醤油味のドレッシングは炒め物や炒飯の味付けにも使えて便利。今半のすき焼きのわりしたをすき焼き以外に照り焼きチキンや牛丼を作る時に使ったりもする。なだ万のサウザンドレッシングも好き。疲れてヘトヘトで何もしたくないけどごはんを作らなきゃって時に一回で味が決まる安心感がある。ありがたい。特別なところに行かなくてもスーパーで買えるところも良い。新しいシリーズを見つけるとテンションが上がる、スーパーでの楽しみのひとつだ。

 

細かすぎて伝わらないモノマネを楽しみにしていたのに、しゃぶしゃぶを食べすぎて満腹でスヤスヤと寝落ちしてしまい、目が覚めたら真夜中で悲しかった。しばらくして明日も休みだと気づく。少し救われる。

 

北欧暮らしの道具店のポッドキャストで、 prime videoで配信されている『モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~』がとても良いと話していた。北欧暮らしの道具店の店長とよしべさんには全幅の信頼を寄せていて、2人が観てとても良かったというなら間違いない。モダン・ラブはNYタイムズの恋愛についてのコラムやポッドキャストを元に作られたテレビドラマで、全8話(1話30分前後)のアンソロジーだ。1話目を観たらほんとに良かった。爽やかで心が温まる、哀しみや嬉しさとは違うところで胸を打たれ少し泣ける物語だった。私は親になってから、基本的に楽しい映画しか観ることができなくなってしまった。ハッピーエンドだったとしても、途中があまりにも辛かったり悲しかったりするものは無理。苦い気持ちが残ると生活に支障をきたすので、ザ・エンターテイメント、ザ・娯楽!という映画やドラマしか基本観ないことに決めたのだ。モダン・ラブはそういう意味では私にとってちょうどよいドラマになりそうだ。まだ1話目しか観てないけど。楽しみができてうれしい。走り過ぎないように気をつけよう。