ケ・サラ・サラ

生活の記録

幸せなパン、幸せなイタリアン、楽しみな忘年会

これまで食べた中で一番好きなパンは別府の友永パン屋さんの味つけパン。迷いなく言える。きっぱりと胸を張って言えちゃうくらい好き。10個くらいは一気にパクパク食べれる気がする。一気に10個食べてもまだ食べたいって思いそうなほど好き。

子供の頃その友永パンの近くに住んでいた。パンを買いにいくと、ガラスの棚の奥の木の箱からパンを取り出して白いシャカシャカする薄い紙袋に入れて渡してくれた。家族全員が友永パンを好いていた。引っ越しても誰かしらが何かの折に買ってきた。別府にお墓参り行った時は友永パンに寄って、車の中でみんなで食べながら帰った。それがお墓参りの楽しみでもあった。私以外の家族は皆フランスパンが好きだった。懐かしいな。味つけパンは唯一無二のパンで友永パンに行かなければ手に入らない。それでもわたしはいつもあの味をいろんなパン屋さんで探している気がする。そんなことをファミリーマートで売ってるしっとりふわふわの大きなパンを食べながら考えた。このふわふわしたパンが最近のマイブームだ。朝ファミマに行ったらこのパンがいちばん上の棚の半分を占めていたので、さてはみんなこのパンが好きなんだな…と思いながら2袋買った。味つけパンは手に入らないけど好きなパンを食べて幸せな気持ちになる。好きな味は尊いな。浅野屋のフォカッチャとシナモンベーグル、神戸屋の生食パン、ラ・テールの牛乳パンも好き。あとパスコのゆめちから小麦と米粉のロールも好きだ。

 

大きなふわふわのパンをもりもり食べて仕事に取り掛かる。2ヶ月ほど休暇を取っていた仲良くしてる人が職場に戻ってきた。きっぱりさっぱりしてて一緒にいてストレスがない。分かち合える感があって嬉しい。おしゃべりが楽しくなる貴重な友だ。一緒にごはんを食べながら戻ってきてくれてうれしいよーと伝えた。いろいろあるけど楽しい方嬉しい方に目をやって自分を居心地よくしようと思う。

 

夜は大好きなイタリアンのお店で過ごした。今度2人で飲もうねと話してそのままになってた同世代の女性と久しぶりに会えた。2人で忘年会をしよう、私の予定をLINEするからと改めて約束した。お店は満席でみんながにこにこしながらお料理をおいしいおいしいと食べていて、幸せな気持ちになった。店内が真っ暗になり、ハッピーバースデーが流れてサプライズのお誕生日おめでとうタイムがあった。みんながまるで準備してたかのように音楽に合わせて手拍子をして盛り上がった。お誕生日だった女性は目に涙を浮かべて喜んでいて、まわりにいたご家族も嬉しそうだった。ひとしきり盛り上がって店内に灯りが戻る。さっきのお祝い気分を分かち合って高揚した余韻がまだ少し残っていて、みんな何気なくそれぞれのテーブルごとの世界に帰っていく感じが良かった。

 

帰って予定を確認する。今年は忘年会の予定が沢山ある。こんなにたくさんなのは初めてかもしれない。お誘いの3回に1回行くか行かないかの私に皆さん毎回声をかけてくれてありがたいなーとしみじみ感じ入り、今年はほぼ全部に行きますと返事をした。今の職場、前の職場、前のジムのジム友の皆さん、バスケ母、大学母…おーこれは思ってたよりたくさんだな。年末感がヒリヒリする。ジムの予定もチェックしてイタリアン飲み会の日をピックアップした。今日が良い一日だったのでこれからの予定も良い感じに過ごせそうな気がする。楽しみ。