ケ・サラ・サラ

生活の記録

クリーニング、ジム、焼き鳥

何週間か前に冬が来たぞと感じた日があった。今朝は冬だ…と覚悟を決めなければならない冷たさだ。クリーニングから持ち帰った長い丈のコートからクリーニングの匂いがする。コートを吊るした下にサーキュレーターを上向きに回して風を送り続けた。気持ち匂いが薄まった様な気がして、それからこれはもう完全には取れないのかもしれないと確信する。「クリーニング 匂い」でググって悲しい現実を突きつけられた。甘い香りのリネンウォーターを気が済むまで吹きかけて、出かけるまでもう一度サーキュレーターを回した。

 

紆余曲折を自分の中に起こしながら仕事を最終的にはいい感じでやっつけて、行くところはもちろんジム。新曲が待ち遠しいグループファイト、インストラクターさんが間違えても体が勝手に正しい動きでサクサク進めてしまうグループファイト、を盛り上がりは自分の自分への匙加減という感じでやり切った。いろいろ思うところはあってもグループファイト自体が大好きだ。早く新曲になって欲しい。

 

夫が毎週火曜日に焼き鳥LINEを送ってくる。欠かさず観ている月曜日夜の酒場放浪記に起因しているのだと思う。ありがとう吉田類さん。昨日も夕方にLINEが来て、いつもの焼き鳥の聖地に向かった。この焼き鳥屋さんには裏メニューのその先がある。夫はかなり足繁く通っているけど、裏の先にまではまだ入り込めないらしい。客側が勝手に線を引いてるだけで、実は誰でも頼めるメニューなのかもしれない。でも何と言えばお目当の裏の先の一品が出てくるかわからないのだ。賑やかな店内で耳を澄ませてその名がわかった瞬間に常連度がアップグレードされるのかもしれない(違う)。

 

焼き鳥の帰りにコンビニに寄って甘いものを買うのが習慣になっている。神戸屋のオレンジブレッドを買った。オレンジの香りのデニッシュ食パンだ。厚切り2枚入り。オレンジのソースが練り込まれていて、しっとり甘くそのまま食べるのが好き。売ってるところが少ないので見つけると買っている。おいしい。

 

朝甘いリネンウォーターをふりかけて1日経ったコートのクリーニング臭はかなりもうちょいというところまで薄まった。少し気持ちが上向くも、同じクリーニング屋さんに出したもっと厚手のダッフルコートのことを考えて気落ちした。