ケ・サラ・サラ

生活の記録

ダッシュで予定をこなしまくった。

起きたら雨が止んでいてうれしい。ラグビーだ!と思い出してテレビをつける。ボクらの時代に日本代表の堀江さん、稲垣さん、福岡さんが出演していた。カメラを意識してないような、いつものロッカールームで話してるような、自然なおしゃべりが良かった。話が尽きず来週後編が放送されるらしい。忘れないようにしなくては。

 

午前中は横浜のエイジングケアサロンを予約している。出かける直前まで慌ただしく家事。料理番組のカウントダウンみたいにギリギリでおかずを完成させた。文字通り家を飛び出して駅に向かう。午後からのジムの荷物がずっしりと重い。今日は夜まで予定がある。電車でのルートをいろいろシミュレーションしていつも使わない駅や駐輪場になんとなく違和感を感じながら移動した。

ジムがイベントスケジュールに変わったので、予約していたサロンのメニューだと間に合いそうにない。相談して施術時間を少し短くしてもらった。安心して施術中にぐっすり寝落ちる。お疲れさまでしたの声に起き上がると、顔の印象が変わっていた。首筋から肩、デコルテも丁寧にほぐしてもらって、首がすっきりと長くなった。次回は身体メインで調整しましょうと短く話して、甘いフルーツティーをごくごく飲んだ。

駆け足で横浜駅へ。横浜駅はいつも渋谷のスクランブル交差点みたいな混雑で、永遠にに工事中の箇所がある。メモっていた乗り換え案内よりひとつ早い電車に滑り込みジムへ向かう。

 

ジムのイベントはアリーナが埋まるほどの賑わいだった。熱気と湿気でツルツル滑る床に足をとられ危なかった。1時間ひたすらに動き、楽しく盛り上がり充足感がすごい。ゆっくりシャワーを浴びて身支度を整えた。

夕方からは母友と飲み会だ。小走りで自由が丘に向かう。3ヶ月ぶりに会って、顔を見た途端にもう話が止まらない。モロッコ料理の女子会プラン。ばえるプレートを撮ってアップしながら、大いに飲んで年が明けたら遠出をしようと計画を練った。思い出話もこれからのことも話が尽きず前向きで良い時間だった。名残り惜しいねと言いながら3人とも明日は仕事なのでいつも通りサクッと締めた。

いろいろなことがあって1日が濃く長かったな…などと家に帰りのんびり思い返していたら、腹ぺこの息子がバイトから帰ってきた。ダッシュで牛丼と豚汁を作った。まだまだ、なかなか終わらない日曜日だった。