ケ・サラ・サラ

生活の記録

青菜に塩、ジム、海老トーストとお好み焼き風焼き

ちょっと凹むことがあった。誰も悪くないのにどうしてこうなったみたいなこと。正解がないので考えても仕方ないのだけど、気がつくと気の滅入る方へ向かっている。集中できないまま効率悪く仕事を進めた。そういう日もあるよねと言い聞かせる。

定時を少し過ぎた頃に職場を出た。やっぱりジムへ行こうかな。雨が降る前で生暖かい風が吹いている。重い空気がまとわりついてなかなか気持ちが晴れない。

家に着いて少しほっとする。切り替え切り替えとジムのウェアに着替え、出かける支度をした。それから晩ごはん用のキャベツをザクザク切った。

 

ジムはとても混んでいた。スタジオの前の列に並んでスティックタイプのリリースローラーで足のマッサージをしながら待つ。耳に水が入っている時みたいな感覚がまだずっと続いている。スタジオプログラムが始まって動き始めたらいろいろな思いの堂々巡りが終わった。はりきって楽しむことに集中した。今のシリーズはとても好きな曲のワークアウトがある。後半のピークは大きな声でららら~と歌いながら動いた。

 

終わって帰宅。夫が海老トーストを作っている。アジアンダイニングで作り方を聞いたナンプラーと酢とハチミツのソースにもチャレンジしていた。(なんか違う…)と聞こえてきた。うまくいかなかったらしい。私はざく切りにしていたキャベツを使って、粉を使わないお好み焼きみたいなものを作る。豚肉をカリッと炒め、その上に刻んだキャベツをのせてフタをする。キャベツがしんなり柔らかくなったら溶き卵をぶっかけてもう一度フタをする。卵がいい感じに固まったら出来上がり。お好みソースとマヨネーズ削り節をかけたらそれはれっきとしたお好み焼きだ。もやしを入れるとおいしいのだけど、息子が苦手なので入れなかった(結局息子は帰ってこなかった…くそう…)。焼きそばを一番下に敷き詰めるともっともっとおいしい。次は、豚バラ肉でもやしをプラス、焼きそばの麺を敷き詰めてカリカリに焼いたおいしいバージョンを作るぞ。近日中にやるぞ。

夫の海老トーストはすごくおいしい。でもひとつで大満足。ハイカロリーというよりはデンジャラスカロリー。夜にこれをいくつも食べるほどの度量は持ち合わせてなく、2つめはパンの上のミンチ部分だけをちまちまといただいた。夫も完成した時点で胸がいっぱいだと言い、キャベツをもりもり食べていた。

 

なんとなく気持ちも落ち着いてきて、そうだ仕上げに熱い風呂だ!と思い立つ。お湯につかってふと目に入った自分のふとももに小さなあざのようなものがいくつもある。しばらくしてあ~と思い当たった。ニーキックだ。グループファイトのエクササイズでのニーキック…振り下ろした組んだ両手を自分の太腿に思い切りぶつけていたんだ。加減が。てゆーかそこまでやる? 自分におかしくなって、気がつくと耳ももうスッキリしていた。豆乳をグビグビ飲んで眠った。