ケ・サラ・サラ

生活の記録

元気になりたがっているとこ

今週は長い。明らかに時間軸が伸びている。やっとやっと木曜日だ。春の雨みたいな生暖かさ、空は明るく大粒の雨がボツボツと降りかすかにホコリの匂い。通り雨の夕方っぽい朝を歩いて駅まで向かった。

土日はBリーグ2連戦を観に行った。月曜火曜は早い出社で残業。水曜日はジムで3本立て。ゆっくりと食事を作る時間も気力もなく、チルドルームにある下味をつけた肉たちのことをチラ見しては見なかったことにするを繰り返している。食事作りの負担を軽減するために週末まとめ買いをしているのに、買ったもの自体が負担になっていてなんだこれはという気持ち。悲しい。今日と明日でなんとかしたい。できるだろうか。心に余白を作りたい。ちょっとでも余裕があるとおいしいものが作れる気分になるので。あくまでも気分だけど。

余裕って、年齢と共に持てるようになるんじゃなかったっけ。あー器が大きくなりたいなーっ。

 

ジムの3本立てはとても良かった。有酸素欲も満たされた。ボディバランスの太極拳パートの音楽が好き。のびやかで遙かな空気感が心地良い。ダウンロードして、仕事がキュウキュウしてるときに聴いたらいいのでは…と思ったけど、曲に合わせて優雅に揺れてしまう自分が容易にイメージできた。揺れるだけじゃなく手や頭も動かしてしまいそう。

久しぶりに気の済むまで動いたぞという実感がある。満足した。ジムの鏡には完全無欠の笑顔の自分が映っていた。

 

通勤の時も職場についてからも気乗りせず疲れて気持ちが沈んでいたのだけど、11時くらいに突如ふっ切れたようなスカッとした気持ちになった。何がきっかけでどういう心の動きがあったのかわからないけど、とにかく心が軽くなって良かった。今日こそはちょっとした何か…細々とした何か…を買いに行こう。気分が上がる何かかわいいものたちを。

 

f:id:ushiko_imasarado:20191114134719j:image

今朝、ジャケ買いしたお茶。私の元気になりたさが溢れている。朝同じチームの人がおはよ、元気?と声をかけてくれて、私は、今元気になりたがってるとこ…と返した。