ケ・サラ・サラ

生活の記録

ノータイトル

11月になった。うれしい。何かがあるわけではないけど11月をずっと待っていたような気がする。数ヶ月心の中でフォーカスせざるを得なかったことから少しずつ視点をずらしていけそう。冬に向かうけど明るい兆しが見えて楽しみだ。

 

職場にボクシングとキックボクシングをやっている女性がいることがわかった。ボクシングの女性は毎朝トレーニングしてから出勤していて、キックボクシングの女性は試合にも出ている。一気に好きなことが同じひとの出現。しかも本気度!わたしも以前少し習ったこと、グローブを持ってること、毎日のようにジムに通っていることを告げたら驚いていた。キックボクシングは試合が結構あるよ、やってみたらいいと思うと言われた。実際に試合をしている方の話を聞くとリアルが押し寄せてくる。果たして対人間対女性を相手にパンチやキックができるだろうか…と考え込んでしまった。またお話を聞かせてねーと今日のところはおしまいに。それにしても…そうか2人もいたか突然に。

 

ランチに南インド料理のお店に連れて行ってもらった。いろいろ楽しくおしゃべりしてのんびりと過ごした。慌ただしくないランチは久しぶり。カレーもナンもあっさりしていて食後の苦しさがなかった。良いランチだった。

 

帰りの電車をホームに並んで待っていた。整列乗車には暗黙のルールがある。そのルールにまつわる女性2人の無言の、だがメラメラと激しいバトルを目撃してしまい心がざわつく。バトルから距離を置くような感じで電車に乗り込んだのだけど、なぜかバトラーの1人の右側に立っていた。最寄り駅まで左半身を緊張させながら帰った。

 

三連休かー。特に予定もなくジム三昧になるだろうな。それも全然良い。というかそうでなくちゃという気持ちだ。