ケ・サラ・サラ

生活の記録

いい感じに隔たる

前回から2週経過し、貧血が改善されているかの検査にやってきた。大きな病院だけど、初診再診のシステムがきちんと運用されていて穏やかな空気が全体にながれている。待合室がごった返してない、誰かのイライラを感じないというのはこの規模の病院にしては珍しいと思う。とは言っても居心地がいいというわけではない、病気や、老いや、それに伴う不自由さとかを目の当たりにするわけだし、なるべく距離を置いてすごしたい。良い結果が出ますように。

 

何日か前のお昼休みに高校の時からの友人とLINEでおしゃべりしていた。子育ての話になり、その場にはいないあと2人を含め私達の子どもに対する考え方のベースが同じこと、それがうれしい、そうそうなどと盛り上がった。久しぶりに4人で会いたいなと思ったその次の日に離れて暮らすひとりから、「昨日ふたり(私とLINEの友)が夢に出てきた」とメールがきた。なにそれ。めちゃくちゃに繋がってるやん!なんだかそれでもう会えたみたいな気持ちになって一瞬会えなくてもいいんじゃ…と思ったけど、すぐその後にやっぱりめちゃくちゃ会いたい気持ちになった。月日はどんどん加速して流れていってしまう。早めに会わなくては。計画を立てよう。

 

弾みがついたように寒くなった。夏服にカーディガンとかパーカーとかで過ごそうと思っていたそのタイミングが今年は1ミリもなかった。冬のコートやジャケットを出すと、一瞬去年のそれを着ていた頃を思い出してなんだか懐かしい。そしてその記憶するところからもう1年経っていることに狼狽する。とにかく何もかもが速い…。確実に似合わなくなった服がある。逆に確実に似合うようになった服もあるんだろうな。色々と模索は続いている。

 

Twitterでフォローしている占星術の占い師の方のつぶやきで、この数日間の星の動きと心がけると良いことが書いてあった。(占い師サツキメイさん@meidiamond)

・人と自分を比べる癖をやめ、自分の個性や魅力に目を向ける ・否定や文句が多いなど、関わるとネガティブになる相手とは離れる ・自分らしくしていて「合う」人との関係を大事にする

タイムラインをずっとチェックしているわけではないので、たまに開いた時に目に入る言葉にハッとするようなことが書いてあると、むむぅ…と唸り声が出てしまう。今回のこれはまさに今のわたしに必要なお言葉ではないか…むむぅ…。自分らしくいられない相手との距離感。最近のテーマすぎる。いきなりうわーっと距離を置くのではなくて、程良くつかず離れずという状態にさりげにいい感じに隔たりたいものだ。大人なので。

 

ニトリの「重い毛布」"重く包み込まれる安心感が深い眠りを誘う"らしい。最近とても眠りが浅い。何なら薄っすらと一晩中起きてるのではないかという感触すらある。寝具は軽さ一択みたいなところがあったけど、あえての重さ。気になる。