ケ・サラ・サラ

腹筋4つでゴール

季節の変わり目の懐の深さ

ジムに時間を間違えて到着した。慌ててスタジオの前の列に並んで、(あれ?おかしいな…)と気づいた。いつもの列の雰囲気と明らかに違う。スケジュールをチェックする。あー間違えた。あーショック。

残業のつもりでジムの荷物も持って出勤して。定時を少し過ぎた頃忘れ物に気づいた。一旦家に帰る時間があるかを秒でシミュレーション。うわーっという感じで猛烈にメールを打ち、紙を捌き、パワポをまとめ息切れしながら帰宅。通勤のリュックに押し込んでいたジムの荷物をばらまいて着替え、ドタドタとジムに向かう支度をした。

完璧にウォーミングアップされた状態でジムに着いたのだった。こういうこともあるよね。明日の仕事は少し余裕があるな…ラッキー。

 

最近なんとなく上の空でいることが多い。渦中は自覚がなく振り返ると上の空の自分の残像が見えるようななんとなくふわふわと過ごしている。

季節の変わり目だからかな。

 

こうやってかなりの期間のいろいろなことの原因を季節の変わり目と称している。差し障りなく挨拶にも差し込めるし、会話もスムーズになるしなんとなくみんな納得する気の利いたひと言、「季節の変わり目」の懐の深さをしみじみと感じずにはいられない。

 

季節の変わり目について思いを馳せているうちにそろそろ出たかったプログラムの時間が近づいてきた。時間もあることだし念入りにストレッチして備えよう。トレーニングをふわっとスタートさせないように。

季節の変わり目だし、ご自愛しなくては。