ケ・サラ・サラ

生活の記録

攻めのデザート

日曜日にエイジングのサロンに行った。自分を大事にメンテナンスする週末だったな。気がかりなことを思うと予約を先延ばしにすることも頭に浮かんだけど、こういう時こそリラックスできる場所で整えてもらうことが大切な気がして、行ってよかった。

 

前回肋骨をふわふわにしてもらった効果を十分すぎるほど感じていて、サロンに着くなりまくし立てた。深い呼吸ができるって素晴らしい、頭痛もなくなったし、深呼吸がどういうことがわかった!という私に白い柳のようなサロンの女性がずっと微笑んで良かったですと静かに言った。いつも感じる彼女の不思議なそしてただならぬ雰囲気。

今回もシュッと撫でるように顔や背中を触った後に、やっぱり肩甲骨かな。肩甲骨がカチッとなりやすいですよね…ということで背中から肩を特に念入りに施術してもらった。

運動の後のストレッチが足りないのではと指摘され、めちゃくちゃに自覚がありすぎて反省した。ファイトやアタックみたいな激しいプログラムの後は念入りにストレッチしなくちゃなのはわかっている。わかってはいるのだけど全身汗だくでストレッチのスペースに入るのをついつい遠慮してしまって、なんとなく毎回そのままになってしまっていた。

家に帰ってからでもいいので丁寧に全身を伸ばしてあげてくださいねと、身体がのびのびと広がるストレッチを教えてもらった。

広がる伸びるを意識して続けよう。せっかく毎回いい感じに調整してもらってるのだし。アプローチする先がどんどん変わっていくように。

 

***

 

衝撃の出来事が起きた。これまでもそれなりにいろいろ起きたことの存在がなくなって、なんとまあのんびりと平穏に生きてこれたと思えるほどだ。人生は後半に差しかかっているけど、まだまだ渦中を生きている。

攻めるぞ攻めて生きるぞという気持ちで、気分転換に外に出た。特に行くところもなく、食後のデザートを買って帰った。

白玉生クリームぜんざいフルーツキャラメリゼ。全部のせみたいになった。攻めてる感はある。