ケ・サラ・サラ

生活の記録

事件はさらりとやってくる

気がつくと金曜日だ。3つ前に先週の金曜日の記事がある。ブログを一日置きに書くというのはこういうことだなと思った。

 

来月人間ドックを受ける。Web予約の画面で、胃の検査をX線から胃カメラに変えたり、オプションをつけたりした。予約した医療機関からすぐに胃カメラだけ別日になる連絡があり、胃カメラの日程を決めた。またすぐに人間ドックの時間について確認されて、頂いたお電話で恐縮…とか言いながら胃カメラの日程変更をしたり…そんなこんなで午前中がほぼつぶれてしまった。始まる前からプロセス多めだな。

 

どうでもいいけど最初「X線から胃カメラ」が「X線辛いカメラ」と変換されて(なんかめちゃくちゃ辛そう…)と思ったりした。まもなく土曜日だ。

 

アマゾンで買い物をした。リビングに敷きっぱなしのヨガマットが敷きっぱなしだけあって劣化してきた。色、厚さ、そして価格も様々な中、何もかもがシンプルな床に馴染みそうな茶色っぽいマットを選んだ。デンタルフロスとセールになっていた耐熱ガラスの保存容器も一緒に買った。

フライパンと片手鍋も一緒にと思っていたけど、ひとつに絞りきれなかった。永遠みたいにどんどんスクロールできてどんどん新しいフライパンが現れてしまう。

 

いま使っているのは実家から送られてきた、ホーローの取っ手が取れるフライパンだ。大小のフライパンと鍋と卵焼き用のセットで色がピンク…残念すぎる。それでもせっかく送ってくれたのだからと使い続けてきた。やっとそろそろ買い替えても良さそうな感じになってきたのに、特にこだわりがないのが仇になってしまった。

 

***

 

のんびりとフライパンのことで頭をいっぱいにしていたら、わが家の一大事ニュースが飛び込んできた。詳しいことはわからないけどたぶん想像してることの9割は事実になるだろう。なんかもう定型すぎるぞという感じ。

ひとつのLINE の前後で頭の中が確変した。(一変したぞ)とリアルに感じた。こんなこともあるんだな。さらっとぶっ込まれた。突然の当事者感がすごい。

 

きっとピンクのフライパンをこれからも使い続けると思う(一変した)。