ケ・サラ・サラ

腹筋4つでゴール

本物ではない、ちょっと本気なだけ。

グループファイトの後、ジムのロッカーで着替えてたら、これまで話したことのない女性がさーっとこちらへやってきた。私へ向かって一直線の意思がある確かな足取りだ。

「この間アタックやってましたよね?あれどうですか?今日の(ファイト)よりキツイですよね?私にもできますか?何にどの部分に効きますか?私にできるんですかねえ…どんな感じなんですか?」

矢継ぎ早の質問だ。(知り合いだっけ?思い出せない…息子の同級生のお母さんとか…誰??)と頭の中はぐるぐるしてるのに、口からはツルツルと「大丈夫ですよ!ずっと駆け足してる有酸素のキツイやつだけど、楽しいですよ!是非参加してください!!」と出てきて、完全にあちら側感ではないか。まさかとは思うけど…誤解を広げてしまったかもしれない。

 

ボディアタック。新しいメニューとしてスタートすることがちょっと不思議だったけど、"負荷強め"が好きだったらハマるよな〜という感じ。1時間体力気力の限界に一緒にチャレンジすることでいろんなものを分かち合ってしまう、以前流行ったブートキャンプみたいなプログラムだ。何しろ頑張った感がすごい。

果たしてあの女性は来るだろうか。顔は思い出せない。

 

それにしても、最近運動のこととか筋肉のこととかよく質問されるようになった。ジムでも筋トレってどんなのやってるんですかー?とかどのレッスンに出てますか?とか。マシンの使い方とかめっちゃ聞かれて、本物のひとに聞いてみたくてとも言われることがあり、マシンを一切やらないと答えるのが申し訳なかったりする。てゆーか本物ではないぞ。

 

昨日は、行きつけの居酒屋さんでお店の方にいつもやってる腹筋のメニューを教えてください!と言われた。なんとなく小出しに答えていたんだけど最終的には椅子を使って実演してしまった。

みんな筋肉のこと知りたいんだな。そして答えられてしまう私。

バランスボールと腹筋についての質問にもさらさらと返していて自分でもびっくりした。まあ、バランスボールをダイニングの椅子にしてるからね。違った意味での不安定な日常を自らに課しているからね、私は。

 

カウンターにいた長年サッカーをやっていて今も鍛えているという男性に「本物のひとは言うことがちゃんとしてる!」と褒めていただいた。あなたの方がずっと本物でしょうよ!と思いながらヘラヘラしていた。