ケ・サラ・サラ

腹筋4つでゴール

なりたいおばさんになるために

ぼーっとしてたら7月だ。

なんかもう確実に夏だって感じでうれしい。天気はあれだけど、7月だ夏が来たってだけで気持ちが上がってしまう。

夏の何が良いかって雨が冷たくないこと。それを一番先に挙げるほど、寒くて冷たい雨がとてつもなく苦手なので。

 

月曜日も火曜日もぬるいミストみたいな雨の中を自転車で疾走してジムへ行った。今年の梅雨はちゃんと梅雨だ。毎日がずっと生ぬるい。体を思い切り動かして、つられて気持ちもじめじめしてしまいそうになるのを回避している。

 

月が替わってジムのスケジュールもいくつかのレッスンが変更になった。昨日は新しいプログラムを目当てにジムへ向かった。New programとなるといつもとても混み合うのだけど、時間が遅かったからかそれほどでもなかった。スペースを広く使える分大きく動けてしまうわけで、プログラム自体もかなりハード、レッスンが終わったら自分が大雨に打たれたみたいな仕上がりになっていた。

あまりの激しさにスタジオが笑いに包まれてて、マジで全員の脳内からヤバい物質が出ていたと思う。みんなゲラゲラ笑いながら走ってて、もちろん私もだけど、そんな笑う???ってますます笑えてきて、「めちゃくちゃキツかったけどみんな頑張ったね」と爽やかな心地よさが残る良いレッスンだった。

 

***

ラジオを聴きながらの通勤が定着して、最近はApple Podcastを聴くようになった。私はニュースというよりはゆるいおしゃべりを楽しみたくて、それで深夜のラジオをタイムシフトで楽しく聴いていた。

深夜のラジオはめちゃくちゃ面白い。歩いていても電車の中でもアハハと声に出して笑ってしまうくらい面白い。ただ、面白い中に不意に差し込まれるフレーズやエピソード…「深夜ラジオあるある」が苦手すぎた。そういう話題になるとボリュームを下げて流していたけど、もうそればっかりの時も多くて困ったな〜そうじゃないゆるいおしゃべりだけを聞いていたいな〜と思っていたら、ポッドキャストにたどり着いた。

 

好んで聴いているポッドキャストのとある日のテーマが「思い描く将来の自分、目指しているものを教えてください」だった。ナビゲーターの方(40代の小学生の息子がいるワーキングマザー)は、「具体的な職業や目標ではないけど、昔から役に立つおばさんになりたいと考えていた」と話していてなるほどと思った。

さて私はなんだろう。この年になるまでぼや〜んと生きてきてしまった。ぼや〜んとしているうちに子供が生まれ、そしたらもう子育て一色という感じになった。仕事もして毎日が息絶え絶えで、記憶もあんまりないほどだ。

もう少し何かビジョンのようなものがあったら良かったのだけど、あいにくそんな感じでもうお年頃だ。振り返ってため息をついていても仕方がない。

ここから先をどうしてたいかってことを考えていかなくちゃ。

 

それから。今自分が苦しいのは、自分が撒いてきた種から生い茂ったあれこれでがんじがらめになっているからだ。そういことに気づく余裕がやっとできてきた。

役に立つおばさんになるのは無理そうだけどやたら元気なおばさんにはなんとか近づけるのでは…と今日もジムにやってきた。体力体力。