ケ・サラ・サラ

ジムとプールとごはんの日記

あれもこれも待ち遠しい

自分の中ではだいたい一日置きくらい、調子が良ければ毎日ブログを書いている感覚がある。さて今日は何を書こうとブログを開くとあら不思議3日も前の記事が一番上にある。週末をまだかまだかと待ち焦がれるのに日々は知らぬ間にさらさらと過ぎ去っている。

 

仕事中に息子から電話。

 

ケータイの画面に息子からの着信が表示されると光の速さでありとあらゆる緊急事態が脳裏に浮かび身構える。怪我、事故、高熱、財布を失くした、iPhoneが割れた…笑

席を外す間に気持ちを整え、心の中に聞く体制を作る。

 

「もしもし…なんか蕁麻疹が出た…」

ほっとするというか脱力。そしてみるみる老婆になる私。

たちまち老婆になる感じ、伝わるだろうか。張りつめていたものが緩むと共に心労の数々を実感し一気に老け込む様な感覚を覚えるのだ。

 

蕁麻疹の症状を聞き、息苦しさ呼吸の為難さがないかを確認して病院へ行くように伝える。

息子は私と話すことで気がかりを共有することで少し気持ちが落ち着くのだと思う。

自分の存在が息子の拠り所であり続けることは幸せなことだと感じる。でもいつかそうではなくなる日が来ることが待ち遠しい様な気持ちもある。

私の拠り所はどこにあるのだろうか。

 

テラスハウスの最新エピソードの配信が1週間先だとわかり、がっかりしながら帰宅した。

蕁麻疹で早く帰ってくる息子の晩ごはんのことがあり、ジムへ行けないことも私のがっかりを加速させる。こういう家事の、主にごはん作りの、都合で自分の予定が左右されることからいつ解放されるのだろう。最近のテーマだ。子どもの独立がその時だろうか。

それぞれが自由をゲットしてくれていいのだよ。

 

ナチュラルローソンにはおいしそうなアイスがたくさんある。ここでしか買えないというものが多く、毎朝眺めては残念な気持ちで見送っている。買って職場の冷蔵庫に入れておいても職場で食べてもいいんだけど。家でのんびり食べたいな。

夏がきたら毎日違う種類のアイスを食べながら職場まで歩くか。お腹が冷えて午前中が台無しになる予感しかないけど。