今からサラリ堂

ジムとプールと英語とごはん

ドラマ「チャンネルはそのまま!」がとにかく良いんですよ。

うし子です。にゃーっ。

 

Netflixで配信されている「チャンネルはそのまま!」を観た。なんなのこのドラマ…良すぎじゃん…最高…

こんなにもドラマを(良い…好き…)と思ったことあったっけ?とマジで考えた。

連ドラや朝ドラ、大河などなどこれまでも楽しみに観た、見続けたドラマはあった。いろいろ確かにあった。チャンネルはそのまま! は別格だ。私の中で。なんだろうなこの感じは。とにかく良いの嵐だ。自分の熱量がすごすぎて手に負えない。とりあえず思いのままに良いところを並べてみるぞ(鼻息

 

「チャンネルはそのまま!」はHTB北海道テレビ開局50周年ドラマで、原作は佐々木倫子さんの同名コミック。その実写版だ。

北海道のローカルテレビ局 星★テレビの伝統「バカ枠」採用で入社した雪丸花子と同期たちの奮闘、報道・営業・編成・情報といった部署の連携&ちょっぴり軋轢、キー局から天下ってきたわかりやすいキャラの部長、ヒグマテレビなんてこれもわかりやすいネーミングの強気なライバル局に負け続ける視聴率、各部署が関わる番組…を背景に、雪丸花子が最初から最後までとにかくバタバタしている、それがこのドラマだ。ドキドキもハラハラも胸キュンもない。

 

この雪丸のダメっぷりを芳根京子さんが見事に見事に演じている。素晴らしい。バカ枠を演じさせたら芳根さんの右に出るものはいないと言い切れるくらいとにかく素晴らしくて良い。

 

北海道と言えば、今や全員が超売れっ子のTEAM NACSも全員それぞれがいい感じの役回りで出演している。良い。

 

思わす吹き出す小ネタが全然さり気なくなく散りばめられていて良い。

 

テレビ愛がすごい。良い。

 

主人公の成長はない。恋愛もない。良い。

 

登場人物のすべてが魅力的で良い。わかりやすいキャラなのに魅力的…親切で良い。

 

雪丸が全く変わらないのが良い。雪丸は雪丸でいつまでも変わらず雪丸なのが良い。

 

トゥモロー!良い!

愛とパワー!良い!

ヴァイオリン生演奏めっちゃ笑う!とにかく笑う!良い。

東京03!良い!

 

藤村D!良い!相変わらず声が良い!加賀百万石!良い!

 

最終話(第5話)良い!良すぎる!

最終話の大泉洋が圧巻すぎる!こんなにも上手く人間らしい人間を演じられるなんて!改めて良い…。ひとの優しさ脆さ弱さ滑稽さ狡さ嫌悪や慈しみのすべてがそこにあった。良い。

 

真新しいわけではないけれど、古き良きでもない。見る側をどうしようとも思ってないようなそんな感じを受けた。例えば泣かせようとか笑わせようとか。しみじみさせようとか。思惑がないというか。

それでいて幸せがありすぎる。

 

もうね、良いを言いきれないくらい良くて好くて佳いドラマ。

制作した北海道テレビのオンエアはもう終わっている。たぶんあまりにも良いので、続々と地方ローカルでのオンエアが決まっているらしい。わかる!

 

Netflixでは1話〜5話まですべて配信中。

 

良いです。