今からサラリ堂

ジムとプールと英語とごはん

Bリーグ 土曜日のユーフォリア

うし子です。にゃーー。

 

土曜日はBリーグ。もれなく楽しく面白く観戦した。

 

今回のゲームは川崎ブレイブサンダースvs富山グラウジーズ。端っこだけども1Fのアリーナ席で迫力ある試合や技を満喫した。

 

日本代表が21年ぶりに自力でのワールドカップ出場を決めたこともあり、現在代表3選手を有するブレイブサンダースのホームゲームだったこの日は満席の大盛況で応援や声援にも熱が入っていた。

 

結果はグラウジーズの勝利。まあまあそういう日もあるさ。

 

アリーナによっては制限があるのかもだけど、ブレイブサンダースのホーム、とどろきアリーナは飲みものも食べ物も持ち込みオッケー。アリーナ前の広場にはたくさんのB級グルメのフードカーが出店し、とてもにぎわっている。

 

私たちはおいしいパン屋さんでエビカツドック、途中スーパーに立ち寄り新発売のデラウェア・スパークリングを買った。その他にもハイボールやおつまみやおやつなどなども買い込んだ。応援が忙しく結局エビカツドックしか食べれなかったけど。ちょっとスーパーで買い物しただけなのに心の満たされ感がハンパない。

 

これからの心躍るイベントを前にコンビニやデパ地下に立ち寄ってあーでもないこーでもないと選ぶ楽しさよ。

 

富山グラウジーズにはシュッとした選手がいる。去年熊本ヴォルターズとの入れ替え戦のときにもなんだかシュッとしてるなーと思いながら見ていた。宇都さんと大塚さん。ちょうど良いシュッと加減だ。

 

シュッとさ…とは対象的に今回近くで見てそのサイズ感に圧倒されたのがジョシュア・スミス選手。公式では208cm 138kgとあるがもう少し体重あるだろ…というヘビー級のセンターだ。35、6cmはあろうかというシューズがはち切れそうだった。靴じゃないじゃん…もう船じゃん…それ…。そんな巨体を眺めながら、こんな人たちがごろごろいるわけでしょ…そりゃ〜世界を相手に闘うのは簡単なことではないよなーなんて考えてたら、その重量感がドスン!とダンクを決めていた。すごい…。このジョシュア選手はなんと昨年12月のBリーグの試合後に会場で公開プロポーズも決めたそうだ。なんかもう情報量…。

 

DJセク山さんのDJタイムも相変わらずとても良かった。絶妙なゆるさ加減が心地よくて、スパークリングを片手にゆらゆらした。

 

ホームゲームで終始僅差でリードされているという展開だったので、最終ピリオドの応援はとても盛り上がった。ハリセンを打ち鳴らす機会も普通の生活ではなかなかないことだなと思いながらバンバン叩きまくった。

 

朝から野菜の買い出し、チケット受取、最高の魚屋さんでお刺身、それから欲張ってジム、慌ただしくギリギリの時間で会場へ向かう途中の桜並木の眩しさ、スタジアムの熱狂、興奮冷めやらぬ帰り道。非日常みたいな比類なき日常。

 

家に帰って美味しいお刺身をもりもり食べた。なかなか終わらない土曜日だった。

 

f:id:ushiko_imasarado:20190409225456j:image
f:id:ushiko_imasarado:20190409225501j:image
f:id:ushiko_imasarado:20190409225506j:image