今からサラリ堂

ジムとプールと英語とごはん

握手 その2

うし子です。にゃーん。

 

渋谷のクラブで開催された、息子の大学のダンス部とダブルダッチのサークルの合同イベントを観に行きました!

 

昼間とはいえ、渋谷のクラブのアウェー感。ひとりで行くのは心細かったので、母友を誘ったら是非に!と快くお付き合いしてくれました。ありがたや~。

真っ暗な店内に響き渡る重低音、キラキラ眩しい若者たち…有り余る場違いさがちょっと申し訳ないくらいでしたが、暗闇に紛れてこっそり見学しました。

 

息子はプログラムの一番初めとトリに出てきました。久しぶりに見るダンサー姿の息子。185cmの身長から繰り出されるダイナミックでパワフルな動き。まだまだ粗削りなところ、雑な動きがある反面、体幹が強くなったことで踊りにブレがなく、レベルの高いステップにチャレンジしていたりたくさん成長が感じられる良いパフォーマンスでした。

何よりあの笑顔。あのニコニコを見ることが出来ただけでも大満足です。

部の雰囲気もとても良く、先輩とのやりとりもチラ見して、いろいろと安心できました。

 

そして。握手。

最近つき合い始めた息子の彼女に初めて会いました。同じ大学の同じ部の同学年の女の子という話は聞いていて、写真もたくさん見せてもらっていたので、今日は会えるかなーと思っていました。

息子と話していたら、背の高い女の子が(もしかして…)と言いながら近づいてきて、

「はじめまして」と、なんと両手で握手を求めてきたのです。

えー!!

昨日の今日なのでとても驚きましたが、よろしくね〜と私も息子の彼女の手を両手でギュッと握り返しました。

 

一部始終を見ていた母たちが、あの子とても可愛らしい感じの良い子だね〜。彼のママに不意に会って

あんなふうに両手で握手ってできないよね…と口々に褒めていたので、やっぱり握手っていいんだなー。

もちろん私もそんな可愛い様子が嬉しかったです。

その彼女が踊ってる様子も見ました。幼い頃から続けているというダンスはとても上手で、元気はつらつでとにかくずーっと笑顔で、母友たちがかわいいかわいいと大騒ぎ、好感度がうなぎのぼりでした。

 

帰り際に、大学で知り合った同級生の男の子たちがやってきて、息子に「どの人がお母さん?」と確認してから、こちらに挨拶をしてくれました。

なんだお前らみんな可愛すぎか!!!

 

ちなみに息子の彼女は帰国子女ではなかったです。