今からサラリ堂

ジムとプールと英語とごはん

細胞レベルで味わう多摩川梨

うし子です。

にゃーん。

 

もりもり泳ぎました。

ジムのプールはコースごとに泳ぎ方が決まっています。ほとんどのジムのプールも公営プールも同じ様にコースが分かれていると思います。

私の通うプールは、ビギナーコース、片道コース、往復コースと表示されていて、往復は止まらずに泳ぐ、片道は一方通行、ビギナーコースは途中で立ち止まってOKと設定されています。

いつもは、往復コースを休憩をはさみながら20分、30分と泳ぐのですが、今日は往復コースではプルブイを足に挟んでのんびり泳ぎ、片道コースで2ビートキックの練習をしました。

片道コースは2レーンで行って戻るようになっています。一方通行で誰ともすれ違わないのでのびのびと手足を開いてリラックスして泳ぐことができました。自由形なので手も足も横に動かすことはないですけど。ぶつかる心配がないので遠慮せずにレーンをフルに使える感覚があって泳ぎやすかったです。

リラックスすると身体の力も抜けるので、力が入っていない状態を意識しながら楽に長く泳ぐ感覚を忘れないように何度も繰り返しました。

 

2時間みっちり泳いで、全身の疲れと気だるさとで力が入らず、超スローなコマ送りみたいに自転車を漕いで帰ってきました。

 

https://www.instagram.com/p/Bm7jBivF0gR/

お昼ごはん

力が入らないので、昨日の残りもの…笑
梨が瑞々しくジューシーでカラカラになった全細胞が甘い果汁を吸収しました。シャリシャリと食感が良くいくらでも食べられます。

 

昨日JAセレサモスファーマーズマーケットで、今が旬の川崎の多摩川梨を10個くらい買ってきました。

生産者ごとに並べられていて、価格もまちまちで、どれにしようかと決めかねていたら、お店の方がどれも美味しいからね!おすすめだよ!とにこにこ笑顔で教えて?くれて、3種類を悩みに悩んでどうにか選びました。

ひとつずつ食べてみました。なにこれめっちゃおいしい…それぞれ硬さや舌ざわりに違いがありますが、糖度が高く濃厚な甘さと程よい酸味があって、永遠に食べれそう…。

 

多摩川梨(たまがわなし)は、神奈川県川崎市、東京都稲城市・日野市・多摩市[1]で栽培されるナシの総称。

上記地域では多摩(たま)、幸水(こうすい)、清玉(せいぎょく)、二十世紀 (にじゅっせいき)、豊水(ほうすい)、新高(にいたか)、東京都のみで栽培される稲城(いなぎ)などが栽培されている[2][3]。
 川崎市では中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区で栽培されている[4]。

Wikipedia

梨に多く含まれるカリウムはむくみの予防にもなり、アスパラギン酸は代謝を整え疲労回復にも役立つことがわかっています。ざらざらとした食感の成分は便秘解消に効果があり、その他にも二日酔いや解熱にも効き目があるそうです。

 

疲労回復に効果…細胞が吸収しにいくはずだわ…。

 

多摩川梨は主に川崎市内や稲城市の直売所で販売されていて、梨狩りができる農園もたくさんあるようです。

 

■川崎市内梨直売所 JAセレサ川崎

http://www.jaceresa.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/07/81862e8932771d6c6e94eb7296a2813e.pdf

■稲城農産物直売所マップ

http://www.city.inagi.tokyo.jp/smph/kanko/kanko_tokusyoku/pamphlet/nousanbutumap/index.html

 

毎年大学の部で請け負っている、中学校のプールの作業のバイトからヘロヘロで帰ってきた息子に、光の速さで梨を切って食べさせました。

息子の全細胞があらゆる梨成分を吸収しますように!