今からサラリ堂

ジムとプールと英語とごはん

Cross my fingers for you. いちのせかぶとさんの個展

うし子です。

にゃーーーっ!

 

息子とお出かけ中です。

 

油絵作家 いちのせかぶとさんの個展を観にふたりで吉祥寺にやってきました。

 

f:id:ushiko_imasarado:20180816155937j:image

「やさしい時間」

 

 

彼はパートナーのちくちく作家 m o ë さんと共に立ち上げた

自主レーベル アトリエ「iLo(いろ)」

で、作品の展示・販売・提供・自費出版・告知のすべてを自分たちの手で行い、それぞれの作品を大切に育てて発表しています。

 


いちのせかぶとさんの今回の個展は、吉祥寺駅近くの

コピス吉祥寺 4F連絡通路 にて絶賛開催中です。

7月に前期の展示があり、後期はまた趣きを変えて、

8/12(日) 〜 8/31(金) まで開かれています。

f:id:ushiko_imasarado:20180816202915j:image

 

今日は息子と一緒に出かけて、お互いどの絵が好きとかすごいねとか絵の中の女の子がかわいいとか話しながら写真を撮ったりして、じっくり作品を観てまわりました。良い時間でした。

 

ご本人の許可をもらったので、いくつか作品の画像をシェアします。

 

f:id:ushiko_imasarado:20180816174633j:image

「三分間の永遠」

 

f:id:ushiko_imasarado:20180816174700j:image

「ぽっぽ」

 

f:id:ushiko_imasarado:20180816174710j:image

「僕だけが見ているもの」

 

f:id:ushiko_imasarado:20180816174731j:image

「おえかき」

 

f:id:ushiko_imasarado:20180816175534j:image

「うたたね」

 

あぁ…本物の絵はね、もっと素敵なんですよ!!

 

今回はいちのせかぶとさんの個展ですが、

一緒に活動しているちくちく作家 m o ë さんの作品もとても素敵なのです。

m o ë さんは油絵と羊毛フェルトを組み合わせた柔らかなちくちく作品を製作しています。

 

こちらは我が家の玄関に飾っているm o ë さんの作品です。

f:id:ushiko_imasarado:20180817055507j:image

「きらきらの雨」

 

出かけるときは一番最後に、帰ってきたら一番最初にふんわりと祝福が感じられます。いつもいつもかわいくて大好き。

 

 

専門的な知識が全くなく、アートとは無縁の私には二人の作品の素晴らしさを上手く説明できませんが、好きなところはたくさん挙げられます。

 

いちのせさんの絵の好きなところは

  • 色。花色とか乙女色、浅葱鼠とか、ほんとは何色かわからないけど、スモーキーで優しい色。日本の古典的な色なのかな。とにかく好き。
  • 孤独、孤独なんだけど寂しくなくて、にごりもなくて冷たくない孤独。
  • 真っ直ぐ迫ってくる何か。
  • グレイッシュ。ラブ。

 

m o ë さんの作品の好きなところは

  • 柔らかさの中にある強くて大きいもの
  • しあわせなまなざしの世界
  • 丸さ。歓び。お慶びみたいな願い?
  • 鈴の音みたいななんか音のある感じ
  • 優しい飄々

 

ふたりの作品を見ていると、自分はひとりだけど誰かが存在するからそのひとりを感じられる みたいなことをよく思います。

(全然伝わらない…うまく言えない…)

 

そして、自らの中からこんなものを創造する強さやパワーになんて言うのか、畏怖…畏敬…そんな畏れみたいなことを感じ、同時に自分のその頃を思い、なんて浅く薄く何もかもが乏しく何にも没せず…欠落していたのだろうと消え入りたくなってしまいます。

残念ながらその頃には戻れない…取り戻せないけど、自分を注ぎ込んでいる若者たちを役不足ながら応援しようと、彼らの活動を遠くから見守ってます。勝手に。

ずっとずっと変わらずに変わり続けてほしい。

幸あれ!という言葉がぴったりかな。そんな感じです。

 

いちのせかぶと個展

8/12(日)〜31(金)

コピス吉祥寺 4階連絡通路  各日10:00〜21:00

絶賛開催中です。

 

ちくちく作家 m o ë ・油絵作家 いちのせ かぶと

​による自主レーベル

アトリエ 「iLo (いろ)」

iloiloilo