今からサラリ堂

ジムとプールと英語とごはん

目的と手段と英断と。

W杯日本代表が決勝トーナメント進出を決めましたね。

まだまだ応援する楽しみが続くってことがとてもうれしい うし子です。

 

 

 

後半の試合運びにはいろいろな意見があり、

私もTVで見ていた時は、それまでの2試合がとても良かっただけに少しもやもやしましたが、

 

予選3試合が、決勝トーナメントに進むためのもの だと考えると、内容ではなく結果にこだわることを選択し、批判を受け止める覚悟を持ち、リスクを最小限に闘うという判断はなんとダイナミックで戦略的だったんだろうと今は感じます。

 

 

 

がむしゃらに突っ込んで勝ちを取りに行く姿が美徳とされ、その結果としての勝ち「のみ」がある種の正解だとする風潮を十分わかった上で、

 


目標をクリアする手段としての戦い方を冷静に指示した指揮官が日本人であること、それを受け入れブーイングが響き渡る中実行した選手たちに、今までとは違う新しいサッカーを感じました。

 

 

 

日本は強くなるんじゃないかな。そんな期待を持つほどに私には衝撃的でした。

 

 

 

この先日本のサッカーが強くなり、振り返った時に間違いなく今回のポーランド戦が契機になったと感じるのではないでしょうか。

 

 

 

ああ……素人が熱く語ってしまいました…。

 

 

 

 


グループステージが終わって16強が出揃いました。その中に日本があることがほんとにうれしくてしかたありません。

 

決勝トーナメントは明日から。

今日は試合がないので早めに寝て寝不足を解消しようと思ってるのですが、

その前にジムへ行こうかな。

 

毎日毎晩W杯三昧で、頭に鈍く重い眠りの塊があるような感じがして、プールで泳いで心地よく疲れた方が、深くしっかり眠れるような気がするのです。

 

プール、空いてるといいな。