今からサラリ堂

ジムとプールと英語とごはん

大学生のサンドイッチ弁当

息子が今年大学生になりました。

中学高校と6年間毎朝5時起きで、部活の朝練がある日は4時起きでお弁当を作りました。 最後のお弁当の日は、「6年間ありがとうございました」と空のお弁当箱を渡され、さみしいようなでも肩の荷が下りたような気持ちになりました。

大学生になって、学食がとても混んでいてコンビニでお昼ごはんを調達してると言うので、 「もし嫌じゃなかったら、サンドイッチくらいなら作るよ、週3で」と、さすがに大学生の男の子が母の手作りのお弁当を…持っていかないよねと思いつつ提案したら、 「え?いいの?まじで? じゃぁお願いします」と予想外の答えが返ってきて、 結局毎日作ることになってしまいました。

私のほうが(まじで??)という気持ちです。

でも、作って欲しいと言われるとまんざらでもないというか、うれしいというか、面倒くさいよりもそういう気持ちの方が上回るというか…毎朝いそいそ作っちゃいますね。

私は息子には激甘なので。

さて、サンドイッチって簡単にできそうなイメージがありますよね。

うちの子絶対簡単にできるって思ってそう…

サンドイッチ。パンに何かを適当にはさめば出来上がりというわけではなく!

パンに塗るバターを室温にもどして、レタスは洗って1枚1枚きちんと水気を拭き取り、ハムや卵もきっちり火を通して、具の油分は少なめに、挟んだら重石をしてなじませる…とか、結構手間がかかるものなのです。 面倒だけどそうすることで美味しさも違ってきます。

私は毎週土曜日に野菜を買ってきて、おかずのまとめ作りをするときに、レタスをきれいに洗って芯の部分を落とし、全体をキッチンペーパーで巻いてジップロックのフリーザーバッグに入れて野菜室で保存します。

これだけのことなんだけど、予めやっておくと料理をするときかなり楽です。

ずぼらなので「これだけのこと」がほんとに面倒くさいのですが、やっておくといざ作り始めたときに作業がスムーズになることを、長い主婦生活で身をもって知っているので、 いつも(やらなかったら、なんでやってないの?私…って思うじゃん!)と自分に言い聞かせて、勢いのあるまとめ作りの時に終わらせることにしています。

サンドイッチを作るとき、そのレタスを必要な分だけちぎって、キッチンペーパーに挟んで軽く押さえ、余分な水気を取り除きます。

今日は米粉ロールに、 鶏ハムのからしマヨネーズあえ ミートソースとスライスチーズ を挟んだ2種類を作りました。

毎日必ず2種類作るようにしています。 大変だけど、きっと今年だけだと、 1年生の間くらいならなんとかなるかな…と思ってるんですけどね。 どうなるかな…

鶏ハムはサンドイッチの具にももちろん食卓にも、ソースを変えたりポン酢や薬味をかけたりアレンジもし易く、とにかく簡単に作れるのでおすすめです。


簡単鶏ハムの作り方

  • 鶏肉全体にフォークを刺します。 繊維を断ち切るようにかなりしつこく刺すと味が染み込み柔らかく仕上がります。

  • 塩コショウとを全体にすり込みます。

  • 砂糖ひとつまみも一緒にすり込みます。 あればチューブのにんにくやハーブの粉をすり込むとまた違った美味しさになります。

  • 鍋に鶏肉が浸かるくらいの水を入れて火にかけ、鶏ガラスープの素と酒大さじ1を入れ、ぐらぐらと沸騰したら鶏肉を入れ蓋をして火を止めそのまま2時間くらい放置します。

鍋から取り出して適当に切り分けます。


うちでは、残ったスープにネギや溶き卵、ごま油を入れて、次の日の朝ごはんのときにおにぎりと一緒に出しています。

旨みが濃くとても美味しいので家族にも好評です。

明日は残った鶏ハムを明太子とマヨネーズであえてサンドします。 もう1種類は何にしようかな。