ケ・サラ・サラ

ジムとプールとごはんの日記

停電は唐突にやってきた。

長い雨の台風だった。幸いなことに我が家は静かな台風一過の朝を迎えることができた。昨日の夕方からずっと二子玉や多摩川など馴染みの地名がテレビで繰り返され、その様子がネットの動画で流れてきた。雨や風はこれからが本番という時で、実際に住んでいる方は気が気ではないだろう。明るくなるまでは状況がわからない。どうか私の大好きな場所が無事であって欲しい。嵐の後の休日が爽やかで楽しいものであって欲しいと願った。

外からはぐうぉ〜んぐうぉうんと風の音、ぶつぶつぶつぶつと激しい雨音が絶え間なく聞こえる中、Twitterには様々な情報や知見が流れてきた。特に治水関係のつぶやき…すごかった。ダムや堤防で強化された都市部の治水能力の高さやそれを支える人々、治水の歴史など広範囲に渡っていてふむふむと読んだり、ググったりした。首都圏外郭放水路(地下神殿)や日産スタジアム一帯の鶴見川遊水地、ブラタモリに出てきた水門などなど。

そして江戸時代から続く治水事業に思いを馳せたり、現在もどんどん進化するインフラのおかげで守られてるんだなと実感したり。インフラ大事。

 

そんなことを横になって考えていたところ、突然すべてが真っ暗になった。停電だ。停電は唐突だ。iPhoneのライトを灯すも夜だし特にやることもない。無駄に暗闇の中を動いて怪我でもしたら残念すぎると潔く寝ることにした。朝になって停電していたらその時に考えよう。眠りながら、そういえば静かだな…と、雨も風もなくこのあたりでは台風はもう終息したんだなと思った。

 

3時40分頃に突然リビングのライトがぱっと灯った。復旧した。停電も復旧も唐突だった。それにしてもありがたき唐突さ。夜中に何度か目が覚めてケーブルに挿したiPhoneの充電マークがないことで停電が続いてるのだな…と確認していた。朝起きたら何から手をつけるべきか薄っすら考えていた段取りや、電気がないと水も出ないんだよな…という不安も杞憂に終わった。真夜中の復旧作業のおかげだ。ありがたいなあ。

煌々と照らされたリビングの明かりを見ながらインフラや、医療機関、警察、自衛隊、消防、行政の尽力されている皆さんに心から感謝の気持を捧げた。捧げまくって深い眠りについた。

 

明けて、まじで台風一過そのものの朝。無事に朝を迎えられてうれしい。貧血の薬の処方箋の期限が今日までなので朝イチで薬局に向かう。薬局もとなりのコンビニもいつも通りに営業していた。常々感じることだけど、今日はいつにも増していつも通りの素晴らしさを実感した。

f:id:ushiko_imasarado:20191013191020j:image

コンビニは休日の朝にしてはかなり混んでいたけど、そこには台風前の逼迫感はなく皆さん悠々と買い物をしていた。ガラスマジックリンと甘栗を買って家に帰った。

東京の全てが止まる前日

「オレのことはいいから、うし子さんのいいタイミングで帰って、よろしく(要約)」みたいなメールが上司から昨日、午前中にきた。会社からの帰れメールもかなり早い時間に届いていた。よし!帰ろう!と1時間に1回のペースで、後半は自分に言い聞かせるような感じで声に出し、結局いつもの時間まで職場にいた。

 

帰りの電車は普段より混んでいて少し遅れも発生していた。それでもいつもの金曜日という雰囲気だった。のんびりと二子玉のフードショーに立ち寄る。美味しいお弁当を買おうと心の奥に少わくわくした気持ちを抱えていた。

何もない。

何もない…なんてある…?フードショーだぞここは。閉店時間はまだずっと先だし、いつもならこれから夕飯を買い求める人々で賑わい、値引きが始まってデパ地下が盛り上がりを見せる時間なのに。はっとする。そうか。そういうことか。皆さん備えていらっしゃるのだな。

 

併設するスーパーに寄ってみるも、店内は大勢の客でごった返していた。パン、缶詰、ラーメン、果物、冷凍食品の棚は空っぽで、ピザやシリアル類もほとんどなくなっていて、レジには長蛇の列ができていた。焦る。なんか俄然焦ってきた。そういえば今朝、職場のそばのナチュラルローソンの店内で1番目立つ棚には缶詰が並んでいたことを思い出した。オシャレなサバ缶や高級なアヒージョの缶詰が目に入り、家呑みのすすめ?缶詰フェア?などと考えた呑気な自分。ナチュラルローソンも台風への備えを打ち出していたのか。そんなことを思いながらスーパーの中を彷徨って一体何を買えばいいのか思いつかず、長蛇の列が尚成長し続けているのを見届け、力尽き、とりあえず帰宅することにした。

 

駅の近くのコンビニに駆け込んだ。コンビニには、パン・ラーメンはひとつもなかったけど缶詰や冷凍食品はたくさんあった。気持ちが落ち着いた。冷凍のうどんや大学芋、牛乳やチーズ、キャベツの千切りなどを買った。店内のいたるところに、明日はお休みしますと貼り紙があった。

電車も動かずお店も休み…明日は首都圏は本当に止まってしまうのだ。静かな都心の様子を見てみたい…どこもかしこも閉まっている都心の街並みを歩きたい…とふと思った。電車が運休で行く手段がないけど。

 

外に出るとまだ雨は小降りで、もう家は近く、とりあえず買い物もしたし、やり遂げた…みたいな気持ちで悠々と歩いて帰った。

台風はこれからやってくる。

ジムとムジとレジ

10月になり、ジムのスタジオスケジュール変更が発表された。楽しく続けていたプログラムがなくなったり時間変更になったり、そこに全く違うジャンルのプログラムが加わったり、まあまあ残念な変化だ。

 

ジムでは積極的に交流はしてこなかった。今のジムに移ってから約2年間、いつもお目にかかる方に軽い会釈する程度を維持していた。最近それに限界がやってきた。同じレッスンに出る方々にある日話しかけられて、その輪があっという間に広がった。秒でジム友が増大した。以前通っていたジムのジム友の皆さんとも2年くらいでグループラインに突然誘われたので、2年というのはジムでの人と人の関係性を、主に親密さを変化させるのにちょうどよい期間なのかもしれない。違うかもしれない。

 

ジムでのジム友さんとの共通の話題はジムのことだ。9割ジムの中でのこと。多くは楽しい話題だ。たまにジムへの批判やスタッフさんの噂話もあったりする。これが好きではないからなんとなく交流を避けてたんだよなーと、そういう時はぼんやりと心を遠くに置いてやり過ごしている。

ある時、日曜日の夜の最後のレッスンに出て、月曜日の夕方のレッスン前にも一緒になった方が、「あれ?さっきまで一緒にいたような…」と笑ってて、これはもう話さないのは不自然すぎるとなったのだ。というわけで最近はなんとなくジム友の輪の中にいたりいなかったりなるべくさりげなくふらふらしている。

10月のスケジュールが改悪であったため、今日もジム友の輪はとてもパワフルに盛り上がっている。良い距離感をキープしていきたい。

 

先週末に良品週間だ!と鼻息荒く無印に向かった。レジの列がグルっと店内を渦巻いていて買い物を諦めた。ライブの入場の列かよ。翌日違う無印に行ったけどますますレジの列は長かった。無印は税込価格据え置きだから増税は関係ないはずなのにな。どう考えてもレジ待ち30分以上はかかりそうだった。この日も買い物は断念。良品週間はもう少し続くはず。もはや何を買いたかったのか思い出せないけど。

 

***

土曜日に夫と買い出しに行き、スーパーのセルフレジに並んでいた。どこからかニャ~と猫の鳴き声がする。ニャ~…ニャ~…と間隔を開けて鳴いている。(誰か猫を連れてきてるのかな…どこにいるんだろ…)とワクワク探すも見つからない。私達の番になってレジで精算を始めるといきなりヒヒーン!ヒヒーン!と馬がいななき始めた。え?馬?見るとレジには「お馬さんレジ」と書いてあった。そして隣は猫さんレジ。おじいさんがゆっくりゆっくりバーコードを読み取らせている。ゆっくりと鳴く猫、激しくいななき続ける馬。夫のレジはリズミカルで速かった。

にわかに楽しむラグビー

ラグビーが盛り上がっていて、わたしも盛り上がっている。今日のアイルランドに勝った試合!!素晴らしかった。最初から最後まで、試合後のインタビューもお互いを称え合う姿もすべてが良かった。ありがとう。

わたしもラガーマンになろうかな…

 

今週は仕事もぱつぱつで、病院で検査を受けたりもあって何しろ消耗した。昨日は何時に寝たかわからないくらい帰宅してあっという間に寝落ちた。

今朝も横になっていたい気持のままに気の済むまで横たわっていた。夫が出かけひとりになり、やっとのことでよしと起き上がった。家事を終わらせて近所の美味しい肉屋さんで肉を買い込んで、テレビを流し見しながらハンバーグを作った。ラグビー日本代表のワールドカップまでの軌跡を追ったドキュメント番組が始まって、気づいたら食い入るように観ていた。アイルランドとの試合に向けて完璧にアップできた。

ジムで激しく動いて帰ったら息子がいた。バイトのことや帰りの時間などを確認して、送り出した。今日はハンバーグだからな。ハンバーグは息子の大好物だ。

 

ラグビーを観て大興奮。勝った!勝った!世界ランキング2位で優勝候補のアイルランドに!!興奮冷めやらぬ感じでぼんやりしていたら夫から大人焼き鳥連絡があった。焼き鳥屋さんで今日のラグビー日本代表のドキュメント番組の話をする。今日仕入れたホヤホヤの情報をまくし立てた。試合を録画した?という夫に、してないけど、今日と明日も3回再放送があるよと返す。

 

帰宅して、息子が帰ってきて、ハンバーグを温めて、アイルランド戦の再放送が始まった。息子とわいわい観る。スクラムを組んでみたいんだよね。組むなら一番前のポジションがいい。そう話すと息子はママ壊れちゃうでしょと笑った。上からのカメラに映るスクラムの形はとても美しい。あの美しさの中でパワーと気迫がぶつかり合い、綿密に練られた戦略が繰り広げられているのだ。かっこいい…。強!とかすごっ!とかやばっ!とかをふたりで連発しながら見終わった。試合を観たがっていた夫は爆睡していた。

 

細くて無駄な肉がなくシュッとしてお腹は割れているみたいないわゆる細マッチョが好きだった。ワールドカップに向けてラグビー関連の特集や番組を見ているうちに、そして実際に始まって様々な国の屈強な男たちを見るにつけ、パワフルで剛健なフルパワーの密集の魅力にどんどんハマっている。かっこいい…。自分が男だったら間違いなく筋トレにハマって筋骨隆々を目指していたに違いない。そういえば最近ジムの筋トレエリアが盛り上がってる感があるけど、ラグビーの影響だろうか。

 

今またアイルランド戦の録画が放送されている。3度目なので落ち着いて細かい部分をじっくり楽しんている。フォワードでスクラムの左プロップの稲垣選手は、高校時代は花園にも出場した私の従兄弟にとても良く似ていて、ついつい目で追ってしまう。そういえば従兄弟のラグビーの試合を何度か観に行ったなと懐かしく思い出したり。

そんな稲垣選手は毎日肉を1キロ食べることを自分に課してるらしい。1キロの肉…毎日…鋼の筋肉のハードルは高い。

生活を堪能する。

久しぶりにプールが空いていてゆっくり長くまとまった時間をノンストップで泳げて心地良い疲労感。

1レーンに自分だけ一人ってほんとに久しぶりだったなー。ジムはどんどん人が増えて、プールもいつもたくさんの人がいる。

ひとりで、自分のペースで何往復もして、水の中で好きなように漂っていられてあーこれは気持ちいいと泳ぎながら何度も思った。静かですごく気分が良かった。途中で上手な方が同じレーンで速いスピードで泳ぎ始めたので、満足満足と切り上げた。ミストルームでストレッチをしていたら片道コースがとても空いていることに気づいた。いそいそとストレッチを切り上げてプールに向かい、ツービートでまたしばらく泳いだ。プールがこんなに空いてるってどれだけぶりだろうか…と考えたらこのタイミングを逃したくない!という感じになり、ちょうど誰もいなくなった1レーンをまた独り占めするように悠々と泳いだ。とにかくたくさん泳いだ。自分のペースでというのがめちゃくちゃポイント高くて良かった。

 

すっかり気が済んだという気持ちと、絶妙な気だるさでいつも行く中華料理店へ。野菜と豚バラのせいろ蒸し、よだれ鶏、パクチーチャーハン、レバニラ炒め、カリッと焼いた海鮮焼きそば、黒酢の酢豚…を食べた。どれもこれも美味しくて、おいしいおいしいが止まらなかった。ここもいつも混み合っているのに今日は空いていた。帰るときに厨房の方が見えたのでめちゃくちゃ笑顔でごちそうさまを言った。

 

午前中にジムに行き、スタジオレッスン(グループファイト)を1つ、たくさん泳いで、美味しい中華を食べ、家に帰ってまだ3時すぎ…なんというかこれは3連休最終日としてはベストなのでは…?と思いながら短い昼寝をした。寝すぎるとだるくなるので20分くらいのアラームをかけた。

 

録画していた観たかったテレビ番組を消化して、洗濯も終わらせたし、昨日のうちにチキンカレーを作っていて、明日の朝炊くお米も研いで冷蔵庫にしまった。もう何もしなくていい。歯を磨いて寝るだけだ。いつもの暮らしを堪能したなという実感にまみれている。

 

土井善晴先生が、お米は乾物だから研いだらざるに上げてしばらく置くこと、乾物を戻すように水を吸わせること、と何かで言ってたのを聞いてそれ以来その通りにしている。ごはんが美味しく炊きあがるようになった。研いで水を程よく吸わせたらビニール袋などに入れて冷蔵庫に保存してもいいらしいとも言っていてそうするようになったら朝が楽になった。炊飯器のタイマーで炊くよりずっと美味しい。

キングオブコント2019のジャルジャル

キングオブコント2019を観て、いちばん好き!と思ったのは、「福徳にいて欲しかった」

そう!それ!ほんとにそう!!とテレビに向かって大きな声が出た。

 

これはネタが終わって点数発表後の講評で、さま~ず三村さんがジャルジャルに言った言葉。

あのねえ…暗転のあと福徳にいて欲しかった…んですよ…寂しかったんです…なんか寂しかったです…。福徳いてよ…!

松ちゃんも隣で「それあるねえ…」と言っていて。

それを聞いた福徳さんがすごい真面目な(気づき…)みたいななんとも言えない良い顔で「あの~本当に勉強になるなーと思います」と、それからすごく頷きながら「ほんとにその発想はなかったです…」と感心するように答えて…

この一連の流れが最高過ぎて、録画を10回くらい繰り返し観た。

いつものジャルジャルとはなんとなく違う感じがするネタ、上手いしもちろん笑いもあったけどなんか物足りないような感覚…それを三村さんが「福徳にいて欲しかった…福徳いてよ…!」って言ったときに(それだ!そう!それっ!!)ってなったんだよね。それからなんかじーんときた。今日のジャルジャルへの一番やさしくて愛に溢れたコメントだった。

 

今回のキングオブコントのジャルジャルにはいつもの 今度こそ優勝してやる!とか自分たちのネタの自信みたいなギラギラした感じが全然なかった。淡々とした様子のジャルジャルを見て、優勝することにこだわりがなくなったのかな…決勝まで来たらオッケーって感じなのかな…あえてのそこ狙い?とそんな風に考えたりもした。

決勝2組目のうるとらブギーズの後、ジャルジャルの敗退が確定したら、福徳さんが5日前に足の小指を骨折して急遽ネタを変えなければならなかったという話をして、な、る、ほ、どーーーっ!となった。決勝まで勝ち抜いたネタが当日出来ないこと、急遽ネタを変えることの影響、関係各位への申し訳なさ、大会直前の怪我による動揺…いろんなことが織り交ぜになってあの表情かーと全てに合点がいった。

 

どぶろっくの生き様を貫くようなネタでの優勝といい、うるとらブギーズの大丈夫感といい、良い決勝の結果だった。納得があった。

 

ジャルジャルは去年のM-1グランプリがラストイヤーだった。ジャルジャル何するんだろ…今年はどんなの持ってくるんだろ…とジャルジャルというもはやジャンルを楽しみにしていたところがあるので、M-1のピリピリ感と合わせてそれを観ることが出来ないと思うととても残念。来年のキングオブコントが待ち遠しい。

ジャルジャルのこと特別好きなわけではなくて、でも今回のキングオブコントの決勝ネタ終わりの一連のことでなんかいろいろ私もはっとしたのだ。YouTubeで毎日1ネタやってるので、M-1で盛り上がった国名分けっこを観ようかな。

 

キングオブコント良かったな。芸人控室でインタビューを担当するバイキングの西村が一言も喋らずただ頷くだけなのも、なんか全部良かった。

謝辞。

古くからの友人のお嬢さんが結婚した。

 

友人にとってのその喜ばしい出来事は、私にとっても素晴らしく嬉しいことで、ラインでやりとりをしながら彼女が夢見心地でふわふわと心を幸福の中に漂わせているのを感じて、とても有り難く感謝の気持ちで満たされた。

 

赤ちゃんのときから知っているそのお嬢さんは、遠慮なくぐいぐい自分の夢に向かって進み、素晴らしいパートナーに巡り会い、濃くまばゆい日々を共に過ごし、ふたりで周囲に幸せの光を惜しみなくばら撒くように生きている。頼もしすぎる。

自作の可愛らしい婚姻届をこちらに向けて史上最強の笑顔のふたりの写真を見たとき、これはもはやパワースポットではないのか…待受にしなくては…と狼狽した。なんかね、強烈だった。こんなあからさまな幸せってみたことあるかなーと感じた。

盤石で不動。そう感じさせてくれる強さ。

 

子どもが幸福であること以上の喜びはない。これまで決して平坦ではなかった日々のなか、細やかに心を尽くして過ごしてきた友人の心がけの賜物だ。有頂天になって歓喜を味わい尽くしてほしい。

 

揺れに揺れて10〜20代をぐらぐらと彷徨った私には、真っ直ぐで裏表のないふたりににすべてを見透かされて勝手に気後れするような気持ちを潜ませてしまいがちだ。お恥ずかしい限りだ。この年齢になっても、ふたりが友人の子でそのパートナーでだとしてもそう感じてしまうのだから、自分の中の消化しきれてない自己嫌悪の塊といつになったら決別できるのか、歳を重ねてもハードルの高いテーマをなかなかクリアできずにいる。

 

ともかく、ふたりの前途は光り輝いていて、そうやっていてくれることに感無量なお気持ちのわたしだ。

 

おめでとう!もえちゃんかぶちゃん!おめでとうゆかちん!