ケ・サラ・サラ

ジムとプールとごはんの日記

良きものを観て元気をもらった一日だった。

どんより薄曇りの空を眺めては、だらだらとパジャマのままで過ごしていた。土日はいつもジムに行く時間から逆算して家事を終わらせる。終わったら大体少し押し気味になってて、慌てて出かける準備を始めるのだ。どんなに余裕を持ってスタートしても最終的には大慌てになっている。不思議。

 

昨日もジムのスケジュールを見ながらそろそろ動くか…と考えていると、母友からLINEがきた。水球の試合を観に行くことになって、その会場が私の息子の大学とのこと。息子くんは今日は大学にいるかしら?会えたらうれしいなと思ってというメッセージだった。

水球!観たい!!ずっと観たいと思ってたんだよ!!と返したら「マジで?行く?笑」というメッセージと同時に電話がかかってきて、午後から水球の試合を観に行くことになった。

 

神戸屋キッチンで甘いパンを買い込んで息子の大学へ向かう。息子から今日は部活がないから大学にはいないよーとLINEがきて残念。

 

プールサイドの観覧席に陣取って3試合を観戦した。

決勝はものすごい迫力だった。選手たちは皆大きくぶ厚くがっしりと逆三角形のバキバキだった。高速でホールを運ぶ様子やぶつかり合い、半身以上水面から飛び出させてのシュートなどなど見応えがありすぎて、唸りながら凝視した。

ホームなのでたくさんの学生たち、チアの女の子たちが応援に加わり、私たちも大きな声で応援した。チアの女の子たちが可愛らしくて眩しくて見ているだけで気持ちが溌溂としてくる感じだった。

息子の大学が優勝して、大きな拍手で選手たちを讃えた。

 

さあ帰ろうとスマホを見たら、イベントのダンスバトルで優勝したよ!という息子からのLINEが届いていた。おめでとう!!嬉しいよ!!と返信して送ってくれた動画を観たら、なんだかすごく上手くなっていた。進化してる!今やっているダンスのジャンルに息子の個性が加わって、なんていうか自分のものになってきた感があった。

これからもっとずっと楽しみ!!とビックリマークの嵐のLINEを送りまくった。

 

良いものを観た後に更に良いものを観た1日になった。活気、輝き、覇気。満たされた気持ちで帰りの電車に乗り込んだ。

 

家に帰って夫に息子の動画の続きをエアドロップで送ってもらった。それぞれ自分のiPhoneで踊る息子をじっくり観た。

52歳の腹筋チャレンジ 9ヶ月目

9ヶ月目だっけ…?の筋活進捗。

 

朝の豆乳バナナスムージー

ジムに行く前にプルーンを食べる

ジムで体を動かした後、りんごジュースを飲む

この3つは続けている。

 

プロテインバーはいろいろ試してみたけどやっぱりあんまり好きではなかった。

その代わりということでもないけど、職場で食べるおやつを大豆を使ったシリアルバーやおからのマクロビクッキーにしている。主に気分的な感じで。なんかそれっぽいかなと思えるし。

 

以前パーソナルトレーナーのアンディから、有酸素は少なめに筋トレ多めでと言われたのだけど、

最近週に2回は外で飲むのが定番になってるのでその分をトレッドミルで帳消しにするつもりで、

土日はNetflixやprime videoを観ながら1時間くらい走っている。

がっつり筋肉バキバキにはしないつもりなので、今の感じをキープしつつ、キープが一番ハードル高いんやで…という筋肉先輩のお言葉を思い出して気を引き締めている。

 

パーソナルトレーニングは今はもうお休み中。

相変わらずの椅子の腹筋、スクワット、Nikeのアプリを細々と続けるのが私には一番良い。

 

f:id:ushiko_imasarado:20190623085018j:image

腹筋…!

 

この間ブリリアンのコージが、テレビのロケ番組の中で、「こうしている間にも筋分解が…」と言っててめちゃくちゃ笑ってしまって、笑った自分がなんだか面白かった(伝われ〜)

 

 

先週母友と久しぶりに会ったとき、顔と身体のバランスなーという話になって、美容鍼をすすめられたのだけど、先端恐怖症の私には考えられない。

大丈夫だよ!という彼女の耳には食欲を抑える鍼が刺さっていて、もちろん鍼自体は見えないのだけど、刺さったまま日常を…と考えただけでくらくらした。

驚きあれこれ

休みの日は不思議なくらいさらっと目が覚める。何なら(早く起きたい早く朝が来ないかな…)みたいな意識が寝ている間もあるような気がする。

今朝もそんな感じで5時前に目が覚めた。明かりを落としたままTwitterやインスタを眺めていたらダンスのイベントに行ってた息子が帰ってきた。

 

ガチャッと鍵を開ける音がして、小さく「ただいま〜」と聞こえた。廊下の方まで行っておかえりと言うと起きてたの?とニコニコしている。家族が眠ってると思っててもただいまって言いながら家に入ってくるのが息子らしいところだ。そしてこのニコニコ。毎回驚きだ。早朝からこんな機嫌よくいられるって素晴らしいな…とちょっと感動してしまった。

そういえば物心ついた頃からずっと息子は機嫌が良い。どういう仕組みなのだろうか私のようなものが親なのにありがたいことだ。

意識しても自分にはなかなかできないこのニコニコを息子がさらっと何でもなくすることに未だに新鮮な気持ちですげえなと思っている。

 

そんなことを考えていたら部屋に入った息子から「7時半に起こして〜」とLINEがきた。続いて送られてきたスタンプも動物がニコニコ手を上げてるやつだった。

 

そういえばiPhoneを新しくしたら、前のiPhoneの時のどれだけ設定を見直しても、スタンプが送られた時しか通知が来ないというLINEのちょっとした、地味なようでかなり影響大だったバグがなくなった。

普段スタンプを送ったりしない夫が、仕方なく毎回何かしらスタンプを送ってくるのが新鮮で面白かった。通知のためのスタンプに意味はないのだけど、最初のうちはついスタンプにメッセージを読み取ってしまい混乱したりした。例えば「今から帰るよ」の後に魚のスタンプが来たりすると、魚?魚が食べたいってこと?買って帰るってこと?…という感じ。

私のiPhoneだけがバグっていて。

私が誰かに送るスタンプはその時のメッセージに関連したものだ。でも夫は通知のためだけにただそこにあるみたいな感じでスタンプを送ってくる。スタンプが意味することが全然違うことに私が慣れないという面白いシチュエーションが発生していた。

iPhoneが新しくなり、夫からのスタンプはなくなった。

 

新しいiPhoneはバッテリーがめちゃくちゃ長持ちする。充電の%が全然減らなくて驚く毎日だ。そうなって初めて前はめちゃくちゃ減りが早かったことに気づいた。減りが早いなとは思ってなかったけど常に充電しようしようとしていてそれこそ減りが早いという自覚じゃないかと今ここに書いていてあっと思った。発見。

 

ずいぶん前に通知と共にiPhoneがピカっと光るという設定をしていて、それは仕事中に息子からの連絡を見逃さないようにするためだったのだけど、いつの間にか光らなくなっていた。大学生の息子からの連絡にピリッとすることもないわけで、光らないことを気にも止めてなかったけど、新しいiPhoneに引き継がれていてびっくりだ。特に何もしていないのにピカピカとお知らせしてくれるようになった。

ピカピカするたびに(あ!光った!)と(引き継いだ覚えも、新しく設定してもないのに!)とダブルの驚きがある。

 

7時半になり息子に声をかけたら、暗い部屋のベッドの上からおはようと聞こえた。ニコニコしていた。

 

f:id:ushiko_imasarado:20190622084149j:image

夫と息子の朝ごはん。起きて即食べれるってすごいな。

 

***

 

ブログを始めてから1年が経った。はてなからお知らせが来るまで全く気がつかなかった。驚いた。夫にそう話すともっと驚いていた。すげえなと絶賛された。

 

 

 

 

図らずも最強の筋肉ごはんだった。

落ち込んだり上がったりを繰り返しがちの1日だった。

あと少しで帰れるな〜と進まない仕事を前にぼんやりしていたら、いつものお店からLINE@がきた。

おいしそうな牡蠣とズッキーニのパスタの画像。(行きます。)と心の中で即答した。お店側の思うツボすぎる。

 

夫に牡蠣が来たから行くねと知らせて、じりじりと定時をカウントダウンした。

 

お店に着くとカウンターにパスタを食べている常連さんがいた。集客マーケティングのヒット!と思いながら、早速パスタをオーダーした。

「もう?」「まずは飲み物…じゃなく?」などと笑われる。牡蠣が好きなんだよ。好きなものベスト5にランクインしてるんだよ。

 

パスタと同時に夫がやってきて、「全部食べたら?」と言うので遠慮なくひとり占めした。牡蠣はおいしいなあ。子どもの頃は牡蠣が大嫌いで、おばあちゃんがよく作ってた牡蠣の炊き込みご飯を苦々しく思っていたけど、今だったら食べ尽くしちゃうだろうな。食べたいな。

 

メガハイボールを2杯飲んで9時過ぎにはお店を出た。美味しくて楽しかった。

 

f:id:ushiko_imasarado:20190619085501j:image

 

牡蠣には新しい筋肉を作りだすときに必要不可欠な亜鉛が多く含まれている。ズッキーニはビタミンCの含有率が高く亜鉛を吸収しやすくする効果がある。

牡蠣とズッキーニのパスタは無敵の筋肉ごはんだった。嗅覚!

 

土日でリカバー

月曜日がやってきた。もう少しゆっくり来てくれていいのに。

 

リカバリーの土日。

土曜日。雨が降ってて寒い1日だった。午前中はいつも通りに野菜を買いに行き、おかずのまとめ作り。雨が強くなってきて重装備で早めに家を出てジムへ向かう。

めいっぱい体を動かしてリセットしたい気持ちが強かった。雨ということもあり、着替えや着替えの着替えとか準備してたらやたら大荷物になってしまい、もうかなり長いことジムに通ってるのにちっともコンパクトにならないなとしみじみ考えた。雨だからなんだけど、雨だからこそもっとさらっと行けるといいなという気持ち。

 

グループファイトをやって、その後1時間くらい走って、クールダウンに軽く泳ぐ と決めていて、その通りに過ごした。かなりのフルコースだ。

 

雨だから、スイミングスクールの子どもたちが欠席してていつもの土曜日より大人のレーンが多いかも?と期待してプールに向かった。いつもの土曜日より子供の数は多かった。そうだよ、雨の日こそ家の中にいたら持て余すから、出かける予定がうれしかったじゃん…子が大きくなって忘れてたよ…。

混み合う大人レーンで500くらい泳ぎ、ジャグジーで脚を念入りにマッサージしたあと採暖室でストレッチした。

 

来るときと変わらず強い雨の中を疾走しながら帰宅。寒くて腹ぺこで着替えもそこそこにカレーうどんを作って飲むように食べた。のんびり横たわってテレビを観ていたらいつの間にか寝落ちしていた。

 

日曜日。前日とは打って変わってまぶしいお天気。

午前中からプールへ。前日の分を取り戻す勢いで2キロ泳いだ。その後にトレッドミルで1時間走る。

 

髪の毛を切りに行ってた夫と中華のお店で待ちあわせて、もりもり食べて帰宅。眠気を堪えて夕方までだらだら過ごした。

 

夜はいつもの母友3人での飲み会だった。

私よりずいぶん歳下の可愛らしい母が可愛らしさをいかんなく発揮して、女子がこぞって行きそうな自然薯のお店を予約しててくれた。野菜中心の自然薯メインのお料理と、飲み物も果実酒やビオワインなどなどが並んでいた。最近流行りのイラストが描かれたメニューでとにかくかわいいが溢れていた。

楽しくおしゃべりしてあっという間に時間が経つ。話題は、美容鍼、ジム、パーソナルトレーニング、仕事のこと、息子たちのこと。子どもの話の比率が年々少なくなっていく。

こうやってずっと友達として仲良くしてくれてうれしいね〜などと言い合って、1ヶ月先の予定を確認して別れた。良い時間だった。

 

ベッドの横にいつかサンプルでもらったオイルが転がっていてしばらく放ったらかしにしていたのをふとググったら星5つ。とにかく良い香り、癒やされる、お肌がふわふわになる、翌朝びっくり、リラックスして眠りにつけるなどなど口コミが並んでいた。それまで興味がなかったのに世間の評価が高いことに気づいた途端にテンションが上がってしまうあるあるだ。

なるほど華やかで贅沢な、子どもの頃に憧れをもった懐かしい柔らかな香りがする。ありがたく顔に塗りたくって良い気分で眠った。起きてびっくりはしなかった。

回復期間

木曜日に仕事でミスをした。ここぞと火事場の馬鹿力を発揮、シャーっつって回収して事なきを得た。すぐに仕事上は何もなかったみたいになったのだけど、私の心のざわざわが止まらなくてやばかった。

 

思わぬトラブルが起きてサーっと血の気の引くあの感じ。脳ミソをフル回転させてあらゆるシチュエーションを思い描き出来得る対策を片っ端から順序を間違えないように進める。一か八かのかけ。関係者への連絡。端的にわかりやすく事実だけを並べた状況説明と対応メール。お詫び&ご報告。脇汗に次ぐ脇汗。

 

処理能力の限界チャレンジ。

昔に比べたら格段にトラブルを回避できるようになったけど、その分実際にトラブルが発生したときは結果的に上手くいったとしてもダメージは大きく、そして長引くようになった。

 

木曜日の午後は、ざわっとなったこと、解決して心の底からほっとした気持ちを交互に感じながら抜け殻のように過ごした。そして金曜日もほぼほぼダメージの回復に費やした。

 

動揺は大敵。土日で完全復活するぜ。

あれもこれも待ち遠しい

自分の中ではだいたい一日置きくらい、調子が良ければ毎日ブログを書いている感覚がある。さて今日は何を書こうとブログを開くとあら不思議3日も前の記事が一番上にある。週末をまだかまだかと待ち焦がれるのに日々は知らぬ間にさらさらと過ぎ去っている。

 

仕事中に息子から電話。

 

ケータイの画面に息子からの着信が表示されると光の速さでありとあらゆる緊急事態が脳裏に浮かび身構える。怪我、事故、高熱、財布を失くした、iPhoneが割れた…笑

席を外す間に気持ちを整え、心の中に聞く体制を作る。

 

「もしもし…なんか蕁麻疹が出た…」

ほっとするというか脱力。そしてみるみる老婆になる私。

たちまち老婆になる感じ、伝わるだろうか。張りつめていたものが緩むと共に心労の数々を実感し一気に老け込む様な感覚を覚えるのだ。

 

蕁麻疹の症状を聞き、息苦しさ呼吸の為難さがないかを確認して病院へ行くように伝える。

息子は私と話すことで気がかりを共有することで少し気持ちが落ち着くのだと思う。

自分の存在が息子の拠り所であり続けることは幸せなことだと感じる。でもいつかそうではなくなる日が来ることが待ち遠しい様な気持ちもある。

私の拠り所はどこにあるのだろうか。

 

テラスハウスの最新エピソードの配信が1週間先だとわかり、がっかりしながら帰宅した。

蕁麻疹で早く帰ってくる息子の晩ごはんのことがあり、ジムへ行けないことも私のがっかりを加速させる。こういう家事の、主にごはん作りの、都合で自分の予定が左右されることからいつ解放されるのだろう。最近のテーマだ。子どもの独立がその時だろうか。

それぞれが自由をゲットしてくれていいのだよ。

 

ナチュラルローソンにはおいしそうなアイスがたくさんある。ここでしか買えないというものが多く、毎朝眺めては残念な気持ちで見送っている。買って職場の冷蔵庫に入れておいても職場で食べてもいいんだけど。家でのんびり食べたいな。

夏がきたら毎日違う種類のアイスを食べながら職場まで歩くか。お腹が冷えて午前中が台無しになる予感しかないけど。