ケ・サラ・サラ

ジムとプールとごはんの日記

食欲の変化

粛々と職場に赴き粛々と仕事をする2日間だった。仕事用のiPhoneを持ち帰っていて、休みの間に2回メールをチェックしていた。あ~メールがきてるな…とただそれだけ確認した。休みなので何もしないけど、休み明けに初めてメールを開くよりずっと気持ち的に楽な感じがした。

 

Vlogをやってみて、Youtubeを見る機会が増えた。みんなほんとにオシャレでかっこいい暮らしっぷりだなとしみじみする。丁寧できちんとしてるなあとめちゃくちゃに感心してしまう。私の日々はもっとなんていうかずっとリアルで生活感満載で、でもそういうことを後から見たらきっと面白いと思うので、私が、まずはなんとなくいつも撮ることを忘れないようにしたい。

ブログも楽しくて、ブログにはリアルな気持ちをだらだら書いててこれはこれでほう…と思いながら読み返している。

 

何でも思いついたらとりあえずやってみると気づきがあって良い。新鮮に感じたり得手不得手がわかったり。

 

そういえば堀口が朝倉弟くんに負けてめちゃくちゃショックをうけている。朝倉兄弟も好きで応援してるけど、(アウトサイダーからで本気でやってるところ、あと賢いなと思う)堀口恭司にはずっと勝っていて欲しかった。ショック。ショックしかない。堀口の無敵感が好きだったんだな私はきっと。負けをモチベーションにつなげて次は圧倒的な無敵感をむんむんさせて勝ってほしい。

 

 

顔や身体をケアしてもらっているサロンで、身体のしっかり感がすごく良い感じになってきてると言われて、それから雑穀を食べることを勧められた。食欲がない時も作る気になれない時も雑穀ごはんとお味噌汁さえ食べとけば大丈夫と言っていた。最近あまり食欲が湧かないので、雑穀を買ってきて早速白米に混ぜて炊いている。雑穀は昔わりとマジで菜食とかマクロビオティックとかやってた時によく食べていた。懐かしい。家で炊いて食べるのはほんとに久しぶり。運動の量がたぶん今の私の年齢にしては多いので、いろいろと不足してる栄養素もありそうだなーと薄々感じていたし、ちょうどいいな。(今炊きあがって、おいしい…)

 

明後日は人間ドックだ。仕事は休み。ということは明日は忙しくなるんだろう。気持ちの振れ幅を大きくせずに粛々と終わらせていこう。

雑穀ごはんはおにぎりにするととても美味しいな。黒米が多く入ってたのも良かったな。ブログの最初と最後で食欲がだいぶん違う。これも気づきか。

…違うか。

フレッシュ感と強引感

Vlog楽しい!けど大変!けど楽しい!けど難しい…

いろいろ言いながら引き続きvlogにチャレンジしつつ、木更津アウトレットに行ったり、代官山のプールに行ったり、IKEAに行ったり、Picardに行ったり近場をぐるぐるしてる間に夏休みの大半が終わってしまった。

予定通りといえばそうなんだけど。早い。

 

Vlogは頑張って4つの短い動画をアップした。いちばん最初の動画なんてもう拙さがすごくて涙が出そうになる。頑張ったね私って感じで。頑張った感がもりもり伝わりすぎる。で、4つ目がどうかと言うと、そんなに変わりなくまだまだビギナー全開のかわいい動画だ。

iPhoneで撮ってiPhoneで編集してiPhoneからそのままアップしている。アプリの機能がたくさんありすぎて、すべてを使いこなすのにどんだけかかるのか。きっと4割程度の機能のみでこのままやって行きそう。

 

何やかや言っても動画の編集や音楽をつけたり、テキストを入れたりちまちまと作業するのは時間さえあればとても面白い。全然飽きずに進められている。こんなに夢中になれるとは全く考えてなくて自分でも意外。ものすご〜く凝っためちゃくちゃオシャレな動画とかカッコイイ動画とかおいおいカメラ何台あるんだよとかなるほど~その手があったか〜と歯をギチギチするようなアイデアなどなど、ハイセンスvloggerさんも数多くいる。ほんとに素晴らしいです!もはや作品じゃないですか!と自分もさわりの部分だけだけど、やってみたからわかることもあって見始めると止まらない。何なのあのセンスと羨ましくなったり、あーライフスタイルの違いなー!!と納得させたりお気持ちが忙しい。

 

それでも、自分で撮って作った動画を並べて綴った3日前の出来事すらもとても興味深く、不思議と何度も再生してしまう。これがたくさんあったらきっと楽しくてずっと見入ってしまうだろうな。何回再生しても私しか見てないので再生回数1回だったりしてかわいい…笑

 

料理を作っている自分の手元を撮ってみたらとんでもなく無駄な動きが多くて驚いた。何をそんなに行ったり来たりしてるんだろ?と不思議だった。あと野菜の皮とか切った端っことかをものすごくダイナミックにばーん!と捨てていた。新鮮だった。

 

***

そんな私の拙さ全開のvlogです。これだけ書いて載せないのもあれだし...めちゃくちゃ恥ずかしいのですがこちらにもupしてみます。いろいろ大目に見つつ生暖かく見守っていただけるとありがたき幸せです。

 

[デビュー作]

ぶった切るような展開、窓の映り込み、バラバラなテキストサイズ...四苦八苦する私が透けて見えそう...


[Vlog] とある休日

 

[4作目こんな感じです]

バッグの中身をやってみたかったけど、自分のバッグの中身が思いのほかフツーで特筆すべきことがなく、あ!ジムじゃね?私ならジムバッグじゃね?とひらめいてしまったやつ。自分で言っちゃうけど成長がある。言い切った。


[ジムバッグの中身] ジム歴12年 ジムの持ち物を紹介します。/ ヨガ編

 

どちらもなんだか強引さがあってあー私らしいなって感じがしますね...

ツイッタラーでインスタグラマーでブロガーで

ずっとやってみたいと思っていたVlogにチャレンジしている。

Vlog(ブイログ)とは、文章の代わりに動画や映像を使ったブログのことで、Vlogとは「video+blog」から生まれた言葉。

 

そのVlogの記念すべき1動画目を文字通り四苦八苦しながら明け方近くにupした。長い道のりだった。頭を抱えたり頭をかきむしったり意味なくうろついたり四苦八苦を体現しまくった。思ってたvlogとは程遠い出来になったけど、とにかくこれで私もvloggerだ。

ふふふ。うれしい。

 

動画も撮りなれてなくて、動画編集もずいぶん前に何度かやったことがある程度、もちろんYoutubeのアカウントもない…かなりの見切り発車だ。それでもとりあえずやってみないことには何もわからないし!と自分に言い聞かせてスタートした。こういうのはまず手をつけないとどんどんハードルが高くなるってことをブログを始めるときに学んだよね。ありがとうブログ。役に立ってるよ主に私の。

 

いろいろなやり方があるけど、私は撮影も編集もiPhoneだけでやることに決めた。動画編集アプリをダウンロードして、トリミングやカットを繰り返しそれをつないで文字を入れては消し入れては消し少しでも見栄えよくとフィルターをかけてまたつなぎ直し文字を入れ…あ!音楽…とか文字の場所が…とか動画と動画のつなぎ目のフェードインとか…トリミングとカットとか…きいいいいいっとなりながら永遠に繰り返した。もうサーキットトレーニングじゃん…メンタルの…

手順とか手順とか手順とか!やってくうちにわかるんだろうな(遠くをみつめる)

 

とにもかくにもなんとかvlogの1個目が出来上がった。今回は無料アプリのいちばん星が多いやつを試しに使ってみた。デフォルトで入るウォーターマーク(アプリのロゴ)は削除できるはずで、削除したはずなのに、しっかり動画の最初から最後まで迷いなく入っててがっくりと肩を落とした。もうこれでいいです…これが今の私のレベル…とそのままアップした。

 

休み中にもう少しレベルアップして、あと2つくらいはアップして、欲張りなので、そしたらこちらにも載せるつもり。

ブログはもちろん続けてこと思ってて今まで通り特に役に立つわけではないひとりごとをつらつらと書いていくので、生暖かい目でちら見していただけるとありがたいです。

 

ブログをやってて、もっとわかりやすく伝えられたらなーということが結構あって、動画はどうだわかりやすいだろ!という感じ。おもしろい。文章と動画は全然違くておもしろい。

 

撮りためた動画をつなげていろいろやって出来上がったらたったの2分で泣きそうになった。今日は朝からネタが〜ネタが〜とスマホ片手に動画を撮りまくっている。

 

ツイッタラーでインスタグラマーでブロガーで、ブロッガーにもなった。ジムラーでスイマーでマザーで妻〜だ。

情報量。

夏休みはじまりの朝

夏休みだ。まとまった休みがうれしくて朝5時前にぱきっと目が覚めた。思い立ったらすぐに動きたいのでサクサクと身支度を整える。昨日の晩ごはんを軽めにしたせいか起きた瞬間に空腹だった。空腹感…と思うも朝ごはんを作る気持ちになかなかなれず、冷たいコーヒーを飲んでごまかしていたけど、コーヒーのせいで空腹が際立っただけだった。

 

炒めて保存してあるベーコンと冷ご飯、を使い切りたくて、チキンライスのベーコン版を作った。豆腐と油揚げの味噌汁、ささみの明太マヨあえと一緒にテーブルに並べた。プライムビデオのいろはに千鳥を観ながら食べた。千鳥はほんとに面白い。夏休み初日の朝を楽しい気分にさせてくれてありがとう。

 

最近、あまり食欲もなく、食べること作ることにも興味がなく、そうするとおいしいごはんが作れず、食べる気も起きず…というループにハマっている。良くないなと思う。Kindleにダウンロードしたものの読まずにそのままになってる料理本がいくつもある。時間もあるし…と開いてみるも、朝ごはんがもりもり過ぎて満腹でちっとも読み進められなかった。

 

夫が起きてきて、チキンライス食べていい?と言って、(チキンじゃなくてベーコンだけど、ベーコンライスというわけではないし…)などと考えながら、いいよ!と返した。

 

今日はこれから野菜とフライパンを買いに行く。それから連休のごはん作りを楽にするべくおかずのまとめ作り、パソコン作業、その後ジム三昧。激しいスタジオレッスンに出て、お風呂に入って、もう一度別の激しいスタジオレッスンをやる予定。夜は「大悟道〜これが千鳥の生芝居」を観る。短い予告動画で声を出して笑けたやつ。楽しみだ。

千鳥で始まって千鳥で終わる連休初日だな。

 

早起きと満腹ですでに眠たさMAXだ。休みで早くから起きてて有り余る時間。

そういえば去年の夏は何してたんだっけ?とブログを振り返ったら、我ながら眩しいほどの元気さ、ほとばしるパワーで、毎日更新していた。見習おう。見習っていこ。

 

机、ブートキャンプ、甘いパン、夏休み

毎日始業の1時間くらい前に出社している。満員電車でストレスフルに過ごすことを避けていたらこうなった。職場がとても快適なので出社後は始業時間までのんびり気ままにだらだらしている。おにぎりを食べたり、コーヒーを飲んだり。

最近職場ではスタンディングできるボタンひとつで昇降するデスクに座っている。仕事をしていて猫背になってたり、腰が痛くなったり、睡魔を感じたり…するやいなやすっ…と立ち上がって仕事ができてとても良い。

スタンディングデスクのこと、職場で私が一番喜んだのではないだろうか。バランスボールも導入されるっぽい。うれしい。

 

ジムのプログラムにブートキャンプが加わった。10年くらい前に流行ったビリー隊長のエクササイズだ。懐かしいなーとか言って久々にやってみたらとてもハード!でも楽しい! 鏡の自分がずーっと笑顔で自分のことなのにウケてしまった。人はあまりに激しく厳しい運動を続けていると笑ってしまうのだろうか。先生のかけ声が昔の飲み会?の合いの手みたいだった。これはキツイ!みたいなレッスンが増えたことがとてもうれしい。

 

お昼ごはんのデザートに甘い甘すぎるパンを食べた。満足。甘いものを食べたい気持ちが一番満たされる食べ物…甘いパン。食べ終えてパンの袋の裏に書いてあることが見えないようにくるっと丸めた。カロリーとか糖質とか。「甘いものを食べた…満足」というだけでいい。

 

もうすぐ夏休み。今週末から9連休だ。相変わらず遠出はしない。涼しく静かな家の中でくつろぎたい。Netflixとprime videoで見たい映画やドラマをノートにメモっている。ジムで体を動かしてだらだらテレビを流しながら夜ふかしする毎日にしてやるんだととても楽しみにしている。

 

雑誌や本も溜まりに溜まっている。ずっと寝椅子の上で過ごすことになりそう。「寝椅子が家」の夏。涼しく居心地よく…今から準備が必要だ。

等々力渓谷散歩

気分転換しようぜと、日曜日の早朝に等々力渓谷に散歩に出かけた。

電車で5分くらいの場所にこんな大自然があるとは…と驚きの景観が広がっていた。近くていつでも行けるからとなんとなく行く機会を逃してしまっていた。

 

東急大井町線の等々力駅から3分ほど歩くと渓谷の入口

f:id:ushiko_imasarado:20190805083728j:image

 

木々が生い茂り木陰の道が続いている。涼しい。

f:id:ushiko_imasarado:20190805083843j:image

 

沢の流れるざーっという音と、鳥のさえずりがいつまでも続いている。

f:id:ushiko_imasarado:20190805084010j:image

 

等々力不動尊でお参りした。

f:id:ushiko_imasarado:20190805084432j:image

 

滝行も行われていた。

f:id:ushiko_imasarado:20190805084358j:image

 

等々力不動尊、清々しく静かできちんとお手入れされ地元に根付いたお寺という印象の素敵な場所だった。

 

等々力渓谷は想像を超えた癒やしの場所だった。水音と木漏れ日のキラキラ、蝉の声、野鳥のさえずり。それなのに電車で5分。二子玉と自由が丘の真ん中。

 

f:id:ushiko_imasarado:20190805085358j:image

社務所にフリーペーパーがあり、思わず手にとった。

手放すべきものがありすぎるな。

全部が優しい

湿気だけを残して青空が広がり、高温で蒸される毎日。梅雨が明けるってこんなだっけ?もっと爽やかじゃなかったっけ?と毎年思う。梅雨明けあるあるだ。

 

近所の交番の入り口にある日「今年もやってきました。頭上に注意してください」と貼り紙が掲げられた。頭上にはツバメの巣。それ以来通りかかるとなんとなく目をやるようになった。ある日巣が壊れて半分のサイズになっていた。その半分しかない巣にしがみつくようにちょこんと丸くなってるツバメがいた。卵を温めているようだった。半分壊れた巣でなんとなく心許ないような不安そうな顔をしてるように見えた。

あれは巣をどうにかしてあげられないのかな…でもきっとすべての状況をわかってて交番のお巡りさんもあえてそのままにしてるんだろうな…と通るたびに気になっていた。

昨日の朝、巣が補強されていた。地方のお土産のお菓子の内箱のような白い薄い箱が、巣に直接は触れないように絶妙な形で折り曲げられ、ガムテープで壁に貼り付けられていた。守られた巣の中からはツバメの雛がピィピィと顔を出していた。

補強のタイミングか…とうれしく感じながら駅に向かった。

 

夜、家でその話になった。息子も同じように観察していたらしく、箱が付いてたね〜ほっとした〜、通りかかった人みんなスマホで写真を撮ってるよと言って、わかる〜撮りたくなるよね〜ママもすごい撮りたかった〜と返した。あれさ、卵を温めてるときは補強とか出来ないんだろうね、きっとお母さんツバメがびっくりして逃げてしまったり、そのまま戻って来ないとか、野生の鳥の習性とかあるんだろうね…とか、交番に巣を補強しろとかかなりの人が言いに来ただろうね、などと盛り上がった。話しながら、こうやってよその家でも話してる人たちがたくさんいるだろうなと思った。なんか全部が優しい話だな。